L1208478.JPG

"For SALE" Stocks「売りに出します。」




最近の記事

2017年07月19日

コミュニティリノベーション: 貢献度によって受け取れる報酬や滞在中の待遇が選べる制度…とはなにか



19731818_1168437489968690_8657327695642133537_n.jpg

   
  
 
「貢献度によって受け取れる報酬や滞在中の待遇が選べる制度…とはなにか。」

  
 
こんにちは、日本のローカルアクションをオウエンする旅人 サトウです。
   
普段FacebookやTwitterなどSNSでの投稿が中心なのですが、たまに細かい部分や補足説明をBlogで更新したりしています。
 
コミュニティ作りや移住体験などに興味のある方に是非お読みいただきたいです。
 
既存のモノサシとは少し異なった方法で、新たな仕組みづくりや人集めを行っています。
   
    
人生を模索している人、ワクワク探しをしている人、同じ方向へ向かっている同志に届いたらと思っています。宜しくお願いします!!
  
 
 
 
17862666_652511208288948_191086914793029592_n.jpg

 
 
移動式ゲストハウス HOUSE CARAVAN (Facebook:活動詳細)というプロジェクトを通じて、一年間日本各地を移動し続けてきた僕ですが、ある方の一言がきっかけで、6/9から旭川に滞在をしています。
     

  


先ず、「何の話?」ってところからの人が多いと思うので、現在仕組みづくりを進めている概要共有をさせて頂きます。



 
キャッチ.jpg
  
「夏の旭川 住み開きシェアハウス 受け入れ募集について。<前編>」
http://tacd.seesaa.net/article/451213288.html 


「夏の旭川 住み開きシェアハウス 受け入れ募集について。<後編>」 
http://tacd.seesaa.net/article/451240226.html

   
 
  
 
現在、旭川の「住み開き型シェアハウス」に滞在しています。
 
どのような場所にどのように滞在しているかは<前編>にて書いています。
  
コミュニティの在り方を見直し、目指すカタチに近づけていきたい…というお話を運営者から共有頂き、日本各地で体験してきたことをバックに、コミュニティリノベーションを進めながら、さまざまなヒトコトモノ情報を繋いでいくようなアクションを取っています。
   
日本各地にいる同じような考え方の人や似たような優先順位を持っている人、興味関心の近い人を集めながら、少しずつこれからの暮らし方、生き方、働き方のようなことを、共同生活やその体験を通じて模索していくための場作りを現在進めていて、そのための受け入れを先日より開始しています。
  
滞在費無料の一芸シェアプランや旭川で働く先を紹介させてもらうプラン、食費や移動手段まで全て提供するプランなんかも提示して頂き、お互いにとってより負担にならない条件での関係構築が目指せたらと思っています。詳しくは<後編>に書いてあります。
   
これらのプランを実現する上で、滞在している人と先ず共有したいのが「貢献度やペイフォワードの姿勢」という部分。そこを通じて滞在条件や報酬内容の選択肢が決まります。
    
 
 
fc2fbab0d02931a1286f2eaf2c4c5cc7_m.jpg
 
  
 

===========
本日のFacebook:投稿文


「貢献度やペイフォワードの姿勢によって、受け取れる報酬や滞在中の待遇が 選べる 制度」
  
  
・受け入れ状況。
  
7/21~佐藤は一度旭川を離れますが、7月/8月と取り急ぎ2名の滞在者が確定していて、9月も現時点で2名の滞在者が確定しています。
 
その他にこの募集以外のゲストさんも都度入ってこられ、現在やり取りを進めている方も数名いらっしゃいます。
    
いま現在、(この家では)空き部屋が満足に用意できていない状況となっており、社長に至急段取りをお願いしています。 
   
  
…  
  
   
貢献度やペイフォワードの姿勢によって、受け取れる報酬や滞在中の待遇が選べる制度を今回導入しています。

受け取れる報酬や滞在中の待遇が 【 決まる ではなく 選べる 】という部分がとてもミソです。
  
 
受け取れるものは…
 
お金でも良し、時間でも良し、質の高い遊びでも良し、室の高い食でも良し、質の高い住環境でも良し、人脈でも良し です。
   
  
時間軸や貢献度、真摯さや柔軟性など、幾つかの判断基準を設けて、包括的に自他共に良好なジャッジが出来ればと思っています。
   
 
まだ未経験の社会実験になるので、やりながら修正が必要になってくるとは思いますが、時間給や年俸契約でなく、単純な成果報酬というのともまた少し違う、でも確かに貢献してもらった分は還元できる仕組み、
  
また、生活基盤を先ず支えていけるような、ベーシックインカムにも似た、ペイフォワードな仕組みを導入していきたいと思っています。
   
そういうの難しいよ…でも遊びに行きたいよ…という人には一般枠での受付もしています。
   
  
自分が構想していた「旅人インレジデンス」の概念もそこにのせ、社会実験的に、今までにない仕組みを取り入れてみたいと思います。
    
  
収益に直接繋がらない部分の貢献(例えば家事全般や地域コミュニケーション、コミュニティビルドや整理整頓のようなこと)も、可能な範囲で可視化させ共有していきたいですね。
  
 
とにかく新しいことを社会実験します。
 
一緒に模索したい仲間、今年は in旭川 ですよ。
  
===========

 
 
 
12493565_781527635326346_1272496091145368013_o.jpg



今回掘り下げたい部分が「貢献度」についての部分。
 
   
この貢献度は、付け加えるならば「コミュニティに対しての貢献度」ということだ。
 
社会に対してのもの だけ ではない。
   
 
  
例えば月収1,000万円稼いでいて、社会的貢献度が高いといえたとしても、「コミュニティ貢献度」が低かったら、それはそれ…という世界。
 
反対に、家事ばかりで家から出られない、働けない人でも、日々お金に変えられないサポートが「コミュニティ貢献度が高い」状態であれば、様々な報酬や優遇をコミュニティ内で与えても良いのでは…という考え方。
 
  
 
…分かるだろうか。
   
今ついてこれない人は、ここから先は意味不明ゾーンかもしれません。
  

…話を進めます。
 


19893799_1306568189451792_1721822264_o.jpg


  
例えば、地域貢献を意図としたコミュニティの場合、共同生活の中での貢献度とは別に、地域で何かすることもコミュニティ貢献度は高くなる。ただ、自分たちの地域を出たところでのアクションに関しては、また少し状況は変わってくる。
    
地域貢献を意図としたコミュニティの場合、全く別の地域で手伝いをしたとしても、そのことがきっかけで、多くの人が自分たちの地域に足を運んでくれ、その結果自分たちの地域のためになった…というのであれば、それはコミュニティ貢献度は高い状態。
  

 
例えば月収1,000万円稼いでいる人も、コミュニティのためになる要素が明確にあるのであれば、それはコミュニティ貢献度が高いものになる。例えば月収の数%を収めることが貢献度に繋がるかもしれないし、その人が定期的にイベント講演しているような人であれば、居住地を明らかにすることだけでも貢献度が高まる要素にもなりうるかもしれない。
 

  
そのコミュニティがどのような要素で集まっていて、どのような優先順位や概念を共有する共同体なのか…にもよるのだが、一つの共同体を単位として、その共同体にどれだけ貢献しているか…ということを軸に、優遇や報酬を分配していこう…というような考え方です。
 
 
少し話を整理していくと、「貢献度」という枠の中にも、色んな要素があることが分かる。「貢献」の中の一部には、「こんなことしてほしい」という明確なミッションがあるかもしれないし、「これ助かる」というような、補助的なものもある。
  
資金的な部分もあるかもしれないし、創造的な部分もあるかもしれない。
   
そのコミュニティが目指している未来や興味関心のあるものによって、きっと様々な「貢献のカタチ」があるのだと思う。
   
… 
  
   
12113541_738966422915801_7219099057387708804_o.jpg
 
 

コミュニティという括りを始めると、ある種でボーダーを引くような要素もあるのかもしれないし、他との繋がりの部分や集団化の危険性みたいな部分にも疑心を感じる人がいるかと思います。

ですがそれは、自分たちの利益 のみ をアンフェアに追求したり、競争をし始めるとおこる危険性なのかな…ということも感じています。
 
 
三方良し四方良し、いや五方六方と、多面に、多様に向かっていけるビジョンが共有できているのであれば、もっとお互いを活かしあえる集団に向かるのかなと思っています。
 

ココらへんに関しては、Facebook投稿:「他力で地域おこし協力隊・のようなことをする。」を観て頂けたらと思います。



「先ず同じバスに乗り合わせてみない?」という人集めや体験を募っているトコロなのです。
 
 

 


 

コレももうすぐ立ち上がります。
 
  
 
namawa.jpg
  
『なまら、おいしい革命 〜北海道食材を笑顔で美味しく食べて世界を変える〜 』はじめます。
http://tacd.seesaa.net/article/451682644.html
  
 

 
310,000 VIEW 突破!!

「日本にいながら、月3万円で暮らす方法。【やめるべき7つのこと】」
NAVER リンク
http://matome.naver.jp/odai/2141212750484646501


      
生活費なんと0円!? ドイツ人活動家 ラファエル・フェルマーって誰?
NAVER リンク  
http://matome.naver.jp/odai/2143437982857171601

 
 
 
 
  
ido.jpg

佐藤翔平 (移動する生き方。)


1986年3月、横浜生まれ。
日本のローカルをオウエンする旅人。
 
アパレル店員やイベント会社の営業を経て、ソーシャルアクションを起こすフリーランサーに。社会人時代、過労や心労により、3年間うつ病を経験した過去を持つ。自らの生活環境や固定概念を見直すために旅を選んだ。
     
2014年4月からテント寝袋で日本各地を自転車で旅する 家のない生活を開始。移動する生き方を実践し、MOVERS JAPANやSELFAIDというメディア団体の代表をしながら、日本各地の魅力や問題を国内外に発信する活動を560日間に渡りしてきた。
 
2016年3月より 移動式ゲストハウス House Caravan を一年限定プロジェクトとして始動。旅をシェアしながら乗り降り自由な車で日本中を周る。
   
活動に興味を持って頂いた地域を【 ひと月×12ヶ所 】移動しながら生活する一年を体験させて頂き、地域の活動体と余過剰部分のコウカンを行いながら連携を図り、その活動や体験を通じて学んだこと・得たものを、他地域にも活かしていく活動を目指している。
 
移動する生き方をはじめて4年目。

    
Social life director (time-limited:Traveler activist).
I am now active with freelance after work such as apparel, event company, the space decoration.MOVERS JAPAN / SELF AID representative, a promoter. A former depression patient. I propose self-aid as a traveler activist. I contribute it to various media!

 
 

Facebook : 
https://www.facebook.com/satoshohei0314



   
     
     
  



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  
  
   
 





 

   
 
 





posted by 佐藤翔平 / shohei sato at 12:35| 情報告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする