L1208478.JPG

"For SALE" Stocks「売りに出します。」




最近の記事

2017年05月19日

何よりエキサイトするのは 偶然の連鎖。ニコサンカフェ オウエン編



L1182808.JPG




目的によって人が集まり、目的を楽しみながら協力し合い 果たしていく関係性は、とても創造的で素敵だ。
    
   
ただ、
  
目的もなく偶然によって引き寄せられ、『偶然出会ってしまった』というだけで築かれた関係性は、フラットでユルくて、とてもエキサイティングで美しい。





 
自転車旅の日々…

   
18557330_1117942338351539_8540412009096230445_n.jpg

     
    
僕は2014年4月から日本各地を自転車で周り、日本語と英語で地方での出会いや日常を発信する MOVERSJAPAN というメディア 兼 旅をしていた。
      
それは、誰かに会いに行く旅でもなければ、何処かを目指すための旅でもなかった。仕事でもなかったし、でも遊びという感覚でもなかった。。
   
   
都会で28年間生きてきた自分が、凝り固まっていた固定概念や生活習慣というものを見直すために…【決まりきった日常】から【偶然を楽しむ日常】にシフトするために…
  
そして、先入観や情報に惑わされるのではなく、自分の五感を通じて今の日本を感じ、それを伝えることをしたくて…様々な想いだけをもってスタートした旅だった。
 
 
  
 
小淵沢という町に…
 

 
L1180279.JPG

      
 
実家のある横浜を出発して1ヶ月半が経つ頃、山梨県の小淵沢という 標高1,000Mほどの町に辿り着いていた。
    
ここは別荘地で有名な清里や移住者が増えている人気エリア 八ヶ岳 にもほど近く、美しい緑の山々と豊富な水源、何処か田舎を感じさせない都会的な印象もありつつ、でも自然に囲まれている魅力的な場所でした。
     
通ってきた甲府や韮崎の町と比べると圧倒的に標高が高く、自転車で登るにはたやすくなかったけれど、登ってしまってからはわりとアップダウンは少なくなった。
      
なんとなくこの小淵沢という町が気になり、数日かけて自転車で各所を回ってみることにした。
    
  
 
  
 
 
  
 
外暮らしの日々…
  
     
L1180273.JPG

  
L1180363.JPG

 
  
あまり大きな声ではいえないが、温泉やWifiスポット、スーパーやコンビニが近くにあるという理由から、道の駅に数泊させて頂いていた。
   
とはいっても、テントを張ることは出来なかったので、タープで目隠しをするようにして、コンフォートマットと寝袋で毎晩野宿する生活だった。
   
   
そんな日々のなか、林道のむこうにある別荘地のような場所に立つトレーラーカフェに辿り着くことになる。
  
  
それがニコサンカフェだった。
   
    
    
   
  
  
 
ニコサンカフェにて
      
 
L1182808.JPG

  
L1180679.JPG

      
L1180295.JPG

 
 
            
僕が訪れる少し前に、『人生の楽園』というTV番組で取り上げられていたお店だったようで、日本各地から様々なお客さんが足を運んで来るお店になっていた。メインはランチとカフェ営業。
     
動物性のものを使わず、食材にもレシピにもとてもこだわりのあるお店で、ランチプレートや焼き菓子、飲み物一つ一つに至るまで、 素材の味が感じられる評判のいいカフェだった。
    
インテリアやエクステリア、ウッドデッキや庭やドッグランなども、すべてDIYを経て仕上げていた。
   
     
ただ、林道の中をかき分けかき分け入っていくところだったので、辿り着かないお客さんもチラホラいたようだった。笑
     
    
   
L1180290.JPG

  
       
正直いうと、僕もこの店に辿り着く前に迷っていて、一度電話をお店にしていた。そんなことから会話は何気なく始まり、自分の活動のことやこの町のこと、今の日々の生活やこのお店の経緯や…気がつくとお店の閉店時間まで話が止まらずにいた。
    
ちょうどお店の前に大きな看板を作る予定を立てていて、人手が足りないということだったので、昼ごはんをご馳走になる代わりにお手伝いさせてもらう…ということで、再度訪れる約束をした。
   
  
   
 
 
 
    
偶然から始まるストーリー
   
  
L1180282.JPG

    
   
…と、そんな感じでニコサンカフェの浜道夫妻との付き合いは始まるのだけれど、話し始めるとキリのないくらいたくさんのエピソードをその後共有させて頂くことになる。振り返ると、長い付き合いの『始まりの場面』だった。
      
    
昼ご飯をご馳走してもらうだけだったはずなのに、ディナーに度々誘ってくださったり、最後には給料も出してもらってしまった。
   
そしてその後、週末の人手が足りないときにスタッフとしてカフェ店員をさせてもらったり、清里にソフトクリームを食べに連れて行って下さったり…そんな日々もあった。
    
  
少し長く滞在しその町に暮らすように旅をしようと思ったのも、ここでの素敵な出逢いがあったからだし、ローカルメディアの存在やリトルプレスの面白さに目が向き始めたのもこの時からだった。
   
  
  
L1180321.JPG

山梨発のフリーペーパーBEEK

  
  
今振り返ると、この時の偶然の出逢いが、その後の様々な「初めて」や「更なる出逢い」を生んでいくんだけど、
  
少しドライな言い方をするなら、遅かれ早かれ、この時の出逢いがなくても、きっと同じようなスタイルへの変化、同じような趣味趣向の出逢いは何処かであったのだと思う。
   
   
ただ、この時の、僕の場合は、このニコサンカフェでの出逢いがあってから導かれるものだった。
     
  
  
L1182452.JPG

山梨で3ヶ月の農家体験 
 
 
      
  
L1182243.JPG

ガス水道のないプレハブに住んでいた 
  

   
    
L1183393.JPG

長野県富士見町で一週間貸本屋さんの店番をしたり。
 
 
     
   
L1183845.JPG

オープン1ヶ月ちょっとのマスヤゲストハウスに遊びに行ったりしていた。
   

   
   
山梨で3ヶ月も農家さんの元で働きながら住んでみた事も、そこで得た様々な知見も、そこでの人との繋がりも、その後に長野県に入ることになったのも、そして、長野での出会いも、その後新潟県に行くことになったのも、、、、
    
全ては切り離されているようで繋がっている、ひとつの長い長いストーリーだ。
 
  
  

  
 
今回…
  
  
L1182805.JPG

  
  
今回、そんなニコサンカフェが山梨県から京都へ場所を移し、移転と移住、新しいステージに向かって新たに走り始めることになった。
  
 
京都府中部・京丹波町で新たなニコサンカフェをリニューアルオープンしたい!!
https://camp-fire.jp/projects/view/29464

   
   
 
よくあるカフェの、よくあるクラウドファンディングの、よくある移住の…という部分ではあるんだけど、

僕の中では特別なカフェの、特別な人の話であって…オウエンをしています。
 
      
きっと誰しもが同じような感覚で、クラウドファンディングに挑んでいたり、新たな新天地に向けて挑戦していたり、それを応援しているのだと思うけど、
   
自分のストーリーがそこにあるプロジェクトには、目を向けずにはいられませんね。
 
  
   
  
   
 
巨大看板に 
  
 

L1180393.JPG

     
  
L1180438.JPG

    
   
L1180794.JPG

  
  
L1182805.JPG

    
   
        
18557484_1117940175018422_2335634652384111799_n.jpg

  
     
  
絵はアーティストのサノユカシさん。
  
僕は看板の土台となる部分を、当時ちょっとだけお手伝いをしただけですが、「裏に名前が残ってるかもよ〜。」です。
   
  
 
   
L1182807.JPG

 
 
 
 

 
 
 
 
  

5911a5d2-7f6c-48d0-ade4-761d0abb185c.png
   
〜以下引用〜
    
ニコサンカフェが目指しているのは「ここに来れば誰でもニコニコ太陽のような明るい笑顔になる」場所になる。誰でも気軽にふらっと立ち寄れてのんびり寛いだり、身体に優しく安全で安心なスイーツやお食事を食べられる、そんなお店を京都府京丹波町にオープンします。

京都府中部・京丹波町で新たなニコサンカフェをリニューアルオープンしたい!!
https://camp-fire.jp/projects/view/29464

 
 
  
18485915_1117939035018536_9216878449459906806_n.jpg

     
  
18485340_1117936721685434_2408015158532617301_n (1).jpg

    
   
18557442_1117936661685440_5833175311248414956_n.jpg

   
  
18485791_1117942385018201_7432711008084424086_n.jpg

  
 
 
 
笑顔のある場所、ニコサンカフェ。
 
 
 

オウエンしてます〜!!
  

 
 
 
 
 


以下、運営リンクです。


300,000 VIEW 突破!!

「日本にいながら、月3万円で暮らす方法。【やめるべき7つのこと】」
NAVER リンク
http://matome.naver.jp/odai/2141212750484646501


      
生活費なんと0円!? ドイツ人活動家 ラファエル・フェルマーって誰?
NAVER リンク  
http://matome.naver.jp/odai/2143437982857171601





ido.jpg

佐藤翔平 (旅人活動家)

1986年3月、横浜生まれ。
アパレル店員やイベント会社の営業を経て、ソーシャルアクションを起こすフリーランサーに。社会人時代、過労や心労により、3年間うつ病を経験した過去を持つ。自らの生活環境や固定概念を見直すために旅を選んだ。
    
2014年4月からテント寝袋で日本各地を自転車で旅する 家のない生活を開始。移動する生き方を実践し、MOVERS JAPANやSELFAIDというメディア団体の代表をしながら、日本各地の魅力や問題を国内外に発信する活動を560日間に渡りしてきた。
 
2016年3月より 移動式ゲストハウス House Caravan を一年限定プロジェクトとして始動。旅をシェアしながら乗り降り自由な車で日本中を周る。
   
活動に興味を持って頂いた地域を【 ひと月×12ヶ所 】移動しながら生活する一年を体験させて頂き、地域の活動体と余過剰部分のコウカンを行いながら連携を図り、その活動や体験を通じて学んだこと・得たものを、他地域にも活かしていく活動を目指している。
 
移動する生き方をはじめて4年目。

    
Social life director (time-limited:Traveler activist).
I am now active with freelance after work such as apparel, event company, the space decoration.MOVERS JAPAN / SELF AID representative, a promoter. A former depression patient. I propose self-aid as a traveler activist. I contribute it to various media!

 
 

Facebook : 
https://www.facebook.com/satoshohei0314



   
     
    
  

fss.jpg

"For SALE" Stocks「売りに出します。」
http://forsalestocks.tumblr.com/
   
    
佐藤の私物、オンライン購入はこちらから→
       
メルカリ:
出品アイテム一覧
https://www.mercari.com/jp/u/869772965/
     
  



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  
  
   
 





 

   
 
 


【関連する記事】
posted by 佐藤翔平 / shohei sato at 19:25| 紹介記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする