SATO.jpg

satoshohei.com START!!



最近の記事

2017年04月28日

まるで作家もの!! ハイセンスな器が作れる奈良の陶芸工房八鳥さんで陶芸体験。



18156971_1103537233125383_8356683358542185661_n.jpg

  
  
まるで作家もの!! 
ハイセンスな器が作れる奈良の陶芸工房八鳥さんで陶芸体験。

  

  

  
  
まずはじめに
 
 
 
18193888_1103537319792041_7895796480722779502_n.jpg

 
 
これ、陶芸初心者の私がロクロを回して自分で作ったんです。
      
…スゴくないですか?
    
  
 




出逢い
  
 
日本全国をクルマで旅する 【移動式ゲストハウス ハウスキャラバン】の旅の途中、偶然立ち寄った 遷都 奈良。
      
【旅とコーヒー。】という部活動のため訪れた【 CAFE FUNCHANA 〜 カフェ ファンチャーナ 〜】
    
   
 
18157357_1103537199792053_1602882992152236020_n.jpg
テラス席もあるオシャレなカフェ。
  
     
18194588_1103550539790719_3208650698248220628_n.jpg
旅中は C&Cといって、カレーとコーヒーをよく頼んでいる。

   
18119536_1103540983125008_8493145915085514284_n.jpg
デザートセットで大満足。コーヒーも美味しかった。    
     
    
18118991_1103540939791679_830263520675213465_n.jpg
壁面にある器の数々。このうちの幾つかが八鳥さんのもの。   
   
  
  
最近、日本各地に増えている『地産地消』型のお店で、地元の新鮮野菜を使った料理や、地元の作家さんのプロダクトを展開、、カフェという一つのコミュニティハブを通じて、奈良を発信するようなオシャレなお店だった。
 
【D&Department】にも紹介されているカフェで、ここにある商品もまたセレクトされているものばかりでした。

お店にもD&Dの本があったので一通り眺め、気になる器を手に取っていると、お店の方が声を掛けてくださり、「ちょうどこの器の作家さんが納品で来て下さっているんですよ、この方です。」と丁寧に紹介してくれた。
  
 
18199009_1103537183125388_5874204493311942624_n.jpg
納品で持ってこられていたコーヒーカップ。
   
 
    
ふわっとした温かい雰囲気の見野大介さん。
    
ご夫婦共に、このカフェの雰囲気、カフェのお客さんとして場にマッチしすぎていて、なんかとても朗らかな気持ちになってしまいました。
      
ハウスキャラバンの話などを交えながら簡単に自己紹介をし、見野さんの話も立ち話程度に伺うことが出来ました。
   
  

見野さん (以下、見):
「実はアトリエを体験工房のように開放していて、土日は陶芸体験できる教室も開いているんです。明日は土曜日なので、陶芸体験の日ですね。」
  
佐藤 (以下、佐):
「明日!!」「明日午後であれば都合が付きそうですね。笑 行っちゃってもいいですか? 申し込みとかありますよね?」
 
見:
「明日午前中は予約埋まっちゃっているのですが、午後なら空いていますよー。連絡先だけいいですか?」
   
佐:
「今日出逢って明日陶芸…素敵すぎます!!ありがとうございます。」
  
  
… 
 
とそんな感じで、出逢った翌日に体験させて頂くことになりました。笑
 
  
  
  
 
陶芸工房 八鳥にて
   
   

18156971_1103537233125383_8356683358542185661_n.jpg
シンプルで主張しすぎない看板。
    
 
18118573_1103560389789734_8923955930065349751_n.jpg
和洋様々なシーンでマッチしそうな優しいデザイン。
 
   
住宅街の一角にひっそりとあるような陶芸工房は、決して大きくなく、ただ、元々ここにあるかのような佇まいで僕らを出迎えてくれました。(元々喫茶店か何かだった店舗をセルフリノベしたとか)
      
古くはないけど新しすぎないデザインと、なんといっても馴染みの良い雰囲気がたまらない器たち。
  
 
 
今回のプランは…
ロクロで二つの器を製作して3,800yen。

      
 
材料代・焼き代含めて 3,000yen のロクロコース。
   
追加製作は一つにつき800yen。
    
時間は90分くらいかけたかな?
      
釉薬と仕上げ、取っ手つけなどは別途、見野さんが仕上げてくれます。
          
釉薬の色を選び、高台のバックの部分に入れる文字も自分で選べます。
     
   
今回は、茶わん 一つ とコーヒーカップ 一つ を製作しました。
  

   
   
器がたくさん並んでいるのでそれを参考にするもよし、カタログを見て参考にするもよし、アイデアだけで突っ走るもよし、見野さんに相談するもよし、本当に自由な陶芸体験。
           
私はなんとなく壷っぽい、珈琲の香りが一度中で留まるような、、そんな感じの珈琲カップをイメージしました。
    
(ただ、飲みやすさやかわいさや、馴染みや使い易さや、洗い易さや真新しさや…欲張り始めるとキリがなくなり、そして素人の自分の力量を遥かに超えるイメージだったので、頭の片隅においておくことにしました。笑)
  
 
エプロン持参ということでしたが、工房にはオシャレで可愛いエプロンが用意されていたので、それを使わせていただくことにしました。(これも作家さん繋がりで知り合いが作っているものらしい。)
  
 
 
18118920_1103537239792049_3312153151141881178_n.jpg
流し場にあった道具たち。道具は好きだ。
     
    
 
18157178_1103537266458713_497261077744878975_n.jpg
ロクロを回す。体幹のように、一本軸を通すような感覚で。    
     
  
  
18193974_1103537376458702_6455147732807409522_n.jpg
終始にこやかな時間だった。   
 
 

ハンバートハンバートのゆったりとした温かい音楽の中、世間話をしながら作っていく陶芸。幸い、他のお客さんがいない回だったので、見野さんとも様々な、ざっくばらんな話が出来ました。
   
  
歳が近いこともあり、話が弾み…気がつくと話に夢中になりすぎてしまうほど、緊張や力む感じとは無縁の空間でした。
   
ただ、要所要所、ロクロのポイントを指南してくれるような一幕もあり、、とても充実した時間があっという間に過ぎていきます。
   
  
18156915_1103537413125365_2215746028287648911_n.jpg
真剣になるときだけ、黙る。   
     
  
18194820_1103537246458715_1674860049426536951_n.jpg
出来上がった!!    
 
 

あのひんやりとする土の感触や、一定のリズムで回り続けるロクロ。。
    
  
時間に追われる日常を忘れ、土やロクロと向き合い続けるだけのあの時間(あとおしゃべりな)、とても心地よかったです。 
 
  
二つ作って 3,800yen ということだから、体験としてもとてもリーズナブル♪ 
   
 
一、二ヵ月で焼き上がりということで、念願の器をついに受け取ったわけです。
 

 
  
   
     
   
18157970_1103537299792043_5997030084382322729_n.jpg
壷のような珈琲カップ♪
   
   
   
18118424_1103537316458708_1578607773628332935_n.jpg
おかず、おさけ、ごはん、何でもいける万能茶碗。
   
  
  
18119025_1103537176458722_4483012716289625306_n.jpg
北欧食器のように、和食器、洋食器どちらとも相性がよさそう♪ 
 
    
   
18193888_1103537319792041_7895796480722779502_n.jpg
とても気に入りました♪
  
    
   
  
想像以上の出来上がりに、ハコを空けた瞬間にテンションがあがってしまいました♪
           
見野さんは日本各地で個展もされている人気作家さんなので、是非動向をチェック&近くに来た際は会いに行ってみてください♪
  
 
また、第二弾、作りに行きたいなー。
  
 
    
 
18157461_1103560416456398_4092901533250183004_n.jpg 
見野氏。
    
   
 
個人的に、愛犬ココ氏とのやり取りが気になる【見野さんのインスタグラム】がおススメです。
 
  
 
 

CAFE FUNCHANA 
http://www.funchana.com/
    
 
陶芸工房 八鳥
http://studio-hachidori.com/
https://www.instagram.com/minobird/  

 
ハウスキャラバン2
https://www.facebook.com/housecaravan
    
  
ものづくり部
https://www.facebook.com/monozukuricaravan/
  
   
  
  
※この記事は2017年4月に作成したものです。価格やプランは変更されている場合があります。
 

 
 
 
以下、運営リンクです。


300,000 VIEW 突破!!

「日本にいながら、月3万円で暮らす方法。【やめるべき7つのこと】」
NAVER リンク
http://matome.naver.jp/odai/2141212750484646501


      
生活費なんと0円!? ドイツ人活動家 ラファエル・フェルマーって誰?
NAVER リンク  
http://matome.naver.jp/odai/2143437982857171601







ido.jpg

佐藤翔平 (旅人活動家)

1986年3月、横浜生まれ。
アパレル店員やイベント会社の営業を経て、ソーシャルアクションを起こすフリーランサーに。社会人時代、過労や心労により、3年間うつ病を経験した過去を持つ。自らの生活環境や固定概念を見直すために旅を選んだ。
    
2014年4月からテント寝袋で日本各地を自転車で旅する 家のない生活を開始。移動する生き方を実践し、MOVERS JAPANやSELFAIDというメディア団体の代表をしながら、日本各地の魅力や問題を国内外に発信する活動を560日間に渡りしてきた。
 
2016年3月より 移動式ゲストハウス House Caravan を一年限定プロジェクトとして始動。旅をシェアしながら乗り降り自由な車で日本中を周る。
   
活動に興味を持って頂いた地域を【 ひと月×12ヶ所 】移動しながら生活する一年を体験させて頂き、地域の活動体と余過剰部分のコウカンを行いながら連携を図り、その活動や体験を通じて学んだこと・得たものを、他地域にも活かしていく活動を目指している。
 
移動する生き方をはじめて4年目。

    
Social life director (time-limited:Traveler activist).
I am now active with freelance after work such as apparel, event company, the space decoration.MOVERS JAPAN / SELF AID representative, a promoter. A former depression patient. I propose self-aid as a traveler activist. I contribute it to various media!

 
 

Facebook : 
https://www.facebook.com/satoshohei0314



   
     
    
  

fss.jpg

"For SALE" Stocks「売りに出します。」
http://forsalestocks.tumblr.com/
   
    
佐藤の私物、オンライン購入はこちらから→
       
ZOZOフリマ:
出品アイテム一覧
https://zozo-f.jp/web/users/1450758320783
      
メルカリ:
出品アイテム一覧
https://www.mercari.com/jp/u/869772965/
     
  



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  
  
   
 





 

   
 
 


【関連する記事】
posted by 佐藤翔平 / shohei sato at 18:25| 紹介記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする