L1208478.JPG

"For SALE" Stocks「売りに出します。」




最近の記事

2016年01月18日

ラジオ出演 一部書き起こし:「ハウスキャラバンの 3つのミッション」



L1208572.JPG



ラジオ出演 一部書き起こし:
「ハウスキャラバンの 3つのミッション」




つくば You've got 84.2(発信chu)
       
昨年御縁があり「白濱優子のお仕事図鑑」という新しい働き方を紹介するコーナーで、「旅をしながら日本各地のイマを情報発信する日常」を取り上げて頂きました。
     
今回は「市民活動NOW​」というコーナーで、House Caravan の取り組みや今後の展望、具体的な活動についてお話をさせて頂くことになりました。

      
------------------------
ラジオつくば 84.2MHz
1/18 17:32〜42

番組名:
「つくば You've got 84.2(発信chu)!
(つくば ゆうがたはっしんちゅう)」

コーナー名:
市民活動NOW​

パーソナリティ 白濱優子さん
------------------------
  
番組プログラムURL
http://radio-tsukuba.net/program/002503/
   


00.JPG



House Caravanのプロジェクトとは…


House Caravanのプロジェクトは、誰でも乗り降り自由の6人乗りキャラバンカーを走らせながら、日本各地の地域活性に関心の高い12ヶ所のスポットを周っていくプロジェクトです。





74.JPG
 


「移動式ゲストハウス」


今回のプロジェクトでは、「移動式ゲストハウス」という言葉を使っております。
   
ゲストハウスは、ただ泊まるだけの場所ではなくて、、、その地域の情報や話を色々と聞くことができたり、同じように泊りに来ている人との交流があったり、人やコトやモノや情報の「出逢う場」「繋がる場」、ポータルな場としての魅力があると思っていまして、、House Caravanも 移動をしながらそのような「繋がる場」としてのコミュニティを創っていけたらと思っています。




図解6-3.jpg



3つのミッション


移動式ゲストハウス House Caravan というプロジェクトでは、主に3つのミッションを掲げております。



一つ目は、「旅を純粋に楽しみながら日本各地の魅力や問題を実体験として体感する」ということ。


二つ目は、「何でも屋になって地域と関わりを持ち、出来る限りのお手伝いをさせてもらう」ということ。


三つ目は、「旅をしながら僕ら自身が情報発信をし、メディアとなり地域の魅力を伝える」ということです。





19.JPG



1、「旅を純粋に楽しみながら日本各地の魅力や問題を実体験として体感する」


今回の移動式ゲストハウスでは、相乗りするようなカタチで空いた席を自由に開放し、車や寝床のシェアをしながら旅をしていきます。
  
今まで友達同士や家族でやっていたような、数人での旅を、ある意味 他人としていくようになるのですが、そこにゲストハウスのような面白さがあったらいいなと思っています。
  
出逢いや繋がり、コミュニティとしてのポータル的な何かが生まれたら、ただの移動も、通常のそれ以上に充実していくと思っています。そしてなにより、一日一日を楽しむことをしていきたい!!
  



57.JPG


 
2、「何でも屋になって地域と関わりを持ち、出来る限りのお手伝いをさせてもらう」


これは、これからの旅のカタチそのものに対する問題提起や提案の様な部分でもあるのですが、少子高齢化や過疎化が進む課題先進国としての今の日本において、旅をただ楽しむだけでなく、そこに社会活動や出来る範囲での支援を組み込んでいくことで、リアルタイムに還元できる活動が出来るのではないか、と思っています。

具体的に現在話が進んでいることでいえば、新しくオープンする予定のシェアハウスやゲストハウスの古民家改修のお手伝いや農業支援、片づけや掃除のお手伝いや新しく立ち上げる事業のサポート、アクティビティの体験モニターのようなことやイベントスタッフとしてのお手伝いなどなど。
  

滞在先の活動団体のお手伝いをしながら、同時に地元の方々の「御用聞き」のようなこともしていきたいと思っています。あとは、整体免許のある方がキャラバンに乗ればマッサージの提供をしたり、美容師が乗れば髪を切ったり、ITに強い方がいればWeb系のワークショップを開いたり… 乗っている方の個性やスキルを活かした小さなビジネスも行っていけたらと思っています。
  


7.JPG



3、「旅をしながら僕ら自身が情報発信をし、メディアとなり地域の魅力を伝える」


移動を続けながら、外部の人間として、その地を体験し続けることで、新たな面白さを見出したり、単純にもっと知ってもらう仕組みを作っていきたいと思っています。
   
今はSNSの時代なので、出逢ったあとも、継続的に情報交換がしやすい環境になりました。一つの町で50人の友達がリアルの場で出来ると、そのうちの30人くらいとはSNSでも繋がりが持てるようになり、更に旅を継続させることで、その30人は、情報を受け取ってくれながら同じ目線で旅を見てくれるようになります。
    
そのような出逢いと別れを繰り返し続けることで、多くの地域の魅力やその情報を繋いでいくことができるのではないかと思っております。
 


c8.jpg



「僕らと、にほんをつなげる、旅にでてみませんか?」
  

旅に出たい人、キャラバンカーに乗ってみたい人、地方移住に関心のある人…日帰り希望の方も、夏休み限定の方も、長期的に乗っていたい方も、誰でもいつでも乗り降り自由です。
 
 
Facebook、Twitter等で
随時情報更新していく予定です。

    
House Caravan に乗りたい人大募集中!!
     

乗りたい方は、
各SNSにコメントなど下さい。
  

情報のシェアも大歓迎です。 
 
 


クラウドファンディング終了まで、 
残り11日です。
 
House Caravan 佐藤 翔平 

  
Facebook
移動式ゲストハウス House Caravan
https://www.facebook.com/housecaravan
 



以下、運営リンクです。


250,000 VIEW 突破!!

「日本にいながら、月3万円で暮らす方法。【やめるべき7つのこと】」
NAVER リンク
http://matome.naver.jp/odai/2141212750484646501


      
生活費なんと0円!? ドイツ人活動家 ラファエル・フェルマーって誰?
NAVER リンク  
http://matome.naver.jp/odai/2143437982857171601







032

佐藤翔平 (旅人活動家)

社会活動と旅 / 移動する生き方
2014年4月より、家のない旅生活をおくりながら、コミュニティやこれからの日本を考えるソーシャルライフディレクターに。MOVERS JAPAN / SELFAID 代表の他、メディア運営やライティングをしています。 テント寝袋自炊ときどき発電や居住や野宿生活。『移動する生き方』実践者。 86's
    
Social life director (time-limited:Traveler activist).
I am now active with freelance after work such as apparel, event company, the space decoration.MOVERS JAPAN / SELF AID representative, a promoter. A former depression patient. I propose self-aid as a traveler activist. I contribute it to various media!





1111111111.jpg

「クラウドファンディング挑戦中です。」





fss.jpg

"For SALE" Stocks「売りに出します。」
http://forsalestocks.tumblr.com/


  
 



DM-投稿裏.jpg

Facebook : 
https://www.facebook.com/satoshohei0314





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
 
 
【関連する記事】
posted by 佐藤翔平 / shohei sato at 20:24| Comment(0) | House Caravan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: