L1208478.JPG

"For SALE" Stocks「売りに出します。」




最近の記事

2015年11月02日

「いま、ニートだけど、新しい働き方の話でラジオ出演した。」



L1207546.JPG




こんな奇妙なことあるのかなぁ。



今現在極貧ニートの僕のところに、「新しい働き方について」のことで、ラジオ出演のオファーがあったのだ。
 

「旅人ニート」とか「地方型ホームレス」とかって自虐しているくらいの僕に、「新しい働き方について」なんて、キラキラした題目を与えられても…大丈夫かな??
 
 




オファーをくれたのは、「FM 84.2MHz ラヂオつくば」( http://radio-tsukuba.net/ )。
 
ローカルFM局とはいえ、きちんとしている印象のラジオ局。
  
 
(FM84.7は入るんだけど、FM84.2は聴けないんだよなぁ。。)
  
旅で茨城県は訪れていないし、特に深いかかわりはなかったのだけれど、最近出会った方が推薦してくれたみたいだったので、今回は断らずに受けてみることにした。
  

パーソナリティの方に紹介したいと間に入ってくれたのは、恵比寿公園に住んでいるアウトドア男子。( ニートが東京に行った話 http://mtane0412.com/ )。wwww
  
この、新しい ホームレスホットラインは、ラジオパーソナリティまでつながっているのか…。



TOKYOはやっぱりすげぇ。
 





先日のコタツでホームレスあるあるで盛り上がったので、今度ホームレスイベントやワークショップでもしようと思う。
 



10704134_400182136801913_2957200228102292229_n.jpg




今回は、ソーシャルライフディレクターと名乗るVerで、今やっているような活動を計15分くらいにわたり電話を介してお話させていただいた。15分も話したけど、全然足りないくらいだった。
  

 

その職はどんな仕事ですか?

・ソーシャルライフディレクター

衣食住、つけ加え、生活環境や生活習慣、思想や社会との関わりに対して、ディレクションする様な事をしていきたい。ソーシャル(社会)ライフ(生活)ディレクター(編集者・演出家)。

日本各地を旅しながら、地域コミュニティやその日常に関わりを持ち交流を図りながら、その地域の特色や魅力を、メディアを通じて伝えることをするとともに、

他の地域の話や体験を、リアルな場を通じて語り歩くような経験をしてきました。対象は老若男女さまざまで、そのほとんどが偶然出会った方々です。
  
  
なぜその職種になったんですか?


前職、都内で勤務していたのですが、過労でうつ病になってしまい、その後3年間の闘病生活を余儀なくされました。

その中で、「生活環境や生活習慣、思想や社会との関わり方」が自らの病気を引き起こした要因のひとつであると感じ、狭くなりすぎている視野を広げることや、常識とされてきていることと改めて向き合う中で、

都市で行き場のない若者や苦しんでいる精神疾患者の問題を何とかできないかと考えるようになりました。

悪いニュースばかりの日常に、日本の魅力を再発見する日常を共有することや、各地域にいろんな仕事や生き方があり、その選択は本当に多様であるということ等を、実体験を通じて伝えることがしたいと思ったことがきっかけです。



その職種になるにはどうすればいいのでしょう?


ソーシャルライフディレクターと名乗っていますが、世間的に言えば旅人ニートです。

お金が多くなくても生きていけることを実体験として伝えることや、そのキワキワを自身で体験してみたい興味があったので、まずはあらゆるものを手放すことだと思います。

家を手放し、職を手放し、もちものも、自転車につめる分しか所有できません。さまざまなものを手放す中で、フットワークは格段と軽くなり、選択の幅も広がります。(その逆もありますが…)
 
スタート時は、20万円もない状態で旅に出て、数ヶ月でお金の底が見えました。
ただ、様々な出会いを繰り返す中で何とかやっていけ、つい先日まで、560日間の旅を継続できました。






   
結構まじめでしょ?





12144879_733764213436022_331863096290400117_n.jpg




仕事の面白いところは?


面白いところしかないです。

やりがいは、
旅をしながら社会活動ができるところです。

地域の人と関わりを持ち、
どの街にも家族や帰る家ができました。


大変なところは?


これは選択の問題なのですが、情報更新をするための時間が、僕の場合旅の1/3程度にあたります。写真撮影、記事作成、メディア運営、デザイン作成、すべて自らの作業です。

あとは、寝る場所。基本テント寝袋の移動になり、寝る場所を決めないで一日を開始する場合がほとんどなので、午後になるとソワソワしてきます。




学生が仕事を選ぶ上で、アドバイスがあれば教えて下さい


お金がほしいか、時間がほしいか、どんな環境で生活したいか、、

そして、それはなぜか。
 
様々なコアと向き合うことが重要だと思います。
 
また、少子高齢化とともに労働者も減ってきますし、それにあわせて、社会問題も更に浮き彫りになってくると思います。 

たとえば最近情報が増えてきている、田舎暮らしや地方でのライフスタイルも、選択肢の一つとして考えてもいいのだと思います。
  
スーツを着て都内で就職する…だけが就活ではないし、固定費さえ減らせれば、少ないお金でも幸福を感じながら生きていけます。視野や選択肢を広げてほしいです。







(ニートだけど)
  



L1207515.JPG





ゲストさんのプライベートはどんな感じなんですか?


今は、House Caravanという 移動式ゲストハウスのプロジェクトを計画しているので、都内近郊にいる場合が多いです。NPO・社会起業関連や月三万円ビジネスという考え方の本などを通じて勉強をしたり、多くの同志たちとプロジェクトに向けて意見交換をしています。

プライベートとビジネスの境目はありません。


ゲストさんの1日のスケジュールは?

旅中は、朝5時台に起きて、夜24時くらいに寝ていました。

その間、自転車で各地を体験したり、写真撮影をしたり、交流をしたり、ようは旅です。


今は、ニートのような生活をしているので10時ごろに起きて、情報発信や読書やイベント参加なんかをしています。お金がないので、新たにブログを開設し、所有物を売り始めようと思っています。笑



L1207524.JPG



総括。


「仕事ってお金を稼ぐ行為のことを言うの?」
 

辞書を引くと もちろんそれもひとつの要素としてあるのだけれど、それ以外のことを仕事とさすことも出来て、結局仕事の定義次第なのだと思った。
  
お金を稼がない仕事があったり、ニートでも仕事をしている…というような、固定概念の塊の中では理解の出来ない"現象"がいま、色んなところでおきていて。。
  
 
昨日・一昨日と参加した「パーソナル屋台」の概念も、無料提供・奉仕の概念のある屋台を捉えていて、自ら自腹を切りながらも、奉仕することや繋がること、共有することを楽しむ活動だったりする。
    
カレーキャラバンという、ただ無料でカレーを振舞う活動をはじめ、コーヒー・チャイ・お花を無料で振舞うような"趣味"活動… や、コタツやおもちゃを空間におくことではじまる人の繋がりを楽しむ "趣味"。
 
  
僕が運営しているMOVERSJAPAN ( https://www.facebook.com/moversjapan/ ) やSELFAID ( https://www.facebook.com/SELFAID.JP/ ) も、無報酬・無収益が根本としてるので、仕事といえない側面ももちろんあるのだ。
  
趣味と仕事と日常と…全てがまたがるようなカタチで、"ただやりたいだけ" なので、仕事という概念では受け入れられない人も多いと思うのだけれど、
   
結局、仕事も趣味も、「生きること」の延長線にあるカテゴリーに過ぎないので、受け取る側が判断していけばいいのだと思う。
  
 
たとえば、浮浪者とホームレス、旅人とニートは、似て非なるものだし、ある部分で重複することもあるし、、、それは受け取る側が適当に受け取りやすくすればいいのだと思う。




現ニートが、新しい働き方の話でラジオ出演する時代。

様々な多様性や、ボーダレス・クロスオーバーを受け入れ始めている "許容"を表す現象なんだと思う。



より柔軟に、よりコアに近づく生き方、暮らし方を選択できる時代になれば、もっと面白い社会になると思います。












以下、運営リンクです。


250,000 VIEW 突破!!

「日本にいながら、月3万円で暮らす方法。【やめるべき7つのこと】」
NAVER リンク
http://matome.naver.jp/odai/2141212750484646501


      
生活費なんと0円!? ドイツ人活動家 ラファエル・フェルマーって誰?
NAVER リンク  
http://matome.naver.jp/odai/2143437982857171601







032

佐藤翔平 (旅人活動家)

社会活動と旅 / 移動する生き方
2014年4月より、家のない旅生活をおくりながら、コミュニティやこれからの日本を考えるソーシャルライフディレクターに。MOVERS JAPAN / SELFAID 代表の他、メディア運営やライティングをしています。 テント寝袋自炊ときどき発電や居住や野宿生活。『移動する生き方』実践者。 86's
    
Social life director (time-limited:Traveler activist).
I am now active with freelance after work such as apparel, event company, the space decoration.MOVERS JAPAN / SELF AID representative, a promoter. A former depression patient. I propose self-aid as a traveler activist. I contribute it to various media!





111.jpg

「写真素材の提供を始めました。」







DM-投稿裏.jpg

Facebook : 
https://www.facebook.com/satoshohei0314





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
【関連する記事】
posted by 佐藤翔平 / shohei sato at 22:35| Comment(0) | デイリーコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: