SATO.jpg

satoshohei.com START!!



最近の記事

2015年06月17日

活動家 書籍レビュー:『社会的ひきこもり―終わらない思春期 (PHP新書) 新書』  






10986503_661994760612968_7247177384415591393_n.jpg



活動家 書籍レビュー:

『社会的ひきこもり―終わらない思春期 (PHP新書) 新書』  




「社会的ひきこもりを読む。 」


    
世の「正論」に苦しめられる "社会的ひきこもり" について、理解を深める一日に。
      
     
もう、30歳近いのに…
  
     
今までは個人単位の、極めて私的な、疾患や怠惰のようにいわれていましたが、その数が数十万〜数百万人になったら?…
  
     
それでも、極めて私的な、個人の問題だと突き放しますか? 根性論や強制(矯正)を強いますか。自分のことじゃないしと、無関心を続けますか?
  
         
それとも、社会構造や背景、環境やその問題を、個人 だけ のものとせず、現代社会の課題 として…寄り添いながら、新たな選択や場を共に創造していきますか?
  
      
今まさに、そのような社会的・精神的弱者が増え続けている。
 
    
例え理解ができなくても、知ろうとすること、関心を持つことや、情報を共有していくことは、とても意味があることだと思います。
     
  
 
   
 
       
社会的ひきこもりを読んでみました >>
 
 
社会的ひきこもり―終わらない思春期 (PHP新書) 新書          
http://amzn.to/1fa0QGl 
 
 

   
先ず、この本を読んだ感想を一言で。

   

==============

「当事者の立場、家族の立場、臨床医の立場、社会通念場の立場、あらゆる立場から書かれているので、思想の押し付けも感じなかったし、具体性もあったし、何より当事者に近い距離で書かれている良書に思いました。

同時に、"社会的引きこもり" の問題やことの重大性を改めて認識させてくれるものでした。」


==============

      

     
今までの類似著書でいえば、医学的観点or社会問題的観点 のどちらかから、実証データを元に論じられることの多かったこの論題。
    

医学的観点でいえば、 "治療" という部分から糸口を見つけていくような構成が多く、どうしてもその医師の思想や実体験による反響ばかりが目立ち、例外や汎用性に乏しい印象があった。
    
例えば、脳波観察や薬物投与・メカニズムによる医学的観点、また、自助グループやカウンセリングの取り組みなどを通じて、その仮説と検証、または実体験や成果を例に挙げて =「原因は○○だった」 とするようなものが多かった。
 


また社会問題的観点でいえば、概念の説明や今までの事例をあげる部分から、他国や過去との比較を社会学や心理学などを用いて論じる構成。
  
医学的な部分を持ちいらず、集団心理や社会全体でみた際にどれだけ問題になっていくか…という過去現在未来の経過的予測&実態把握がメインになる。
   

  
本書は医師によって書かれているものの、同時に "医師以外の役割" についても具体的に記載があるので、仮説検証や実体験による例も多いのですが、同時に 心境や対応など、一個人の部分にまで寄り添うようなスタンスを感じた。
    
   
        

==============
   
      
正論をかざすだけでは問題は解決しない。
   

医師による治療だけでは根本は変わらない。

 
ある程度の区分けは必要だが、
それぞれ別の問題だから一概にいえない。

      
どのような社会構造が問題で、
どのような弊害が当事者にあるのか。

  
引きこもりは、そもそも病気なのか、
障害なのか、怠惰なのか。

  
付随して起こる問題はどのようなことか。
そして、当事者の未来は。

 
引きこもりたくないのに引きこもっている。
これってどういうこと?
  
 
家族はどのように接するべきか。

  
お金など経済的なリアルな部分とどのように折り合いをつけるか。
 

当事者の辛さ、家族の辛さ。
 

受け入れるところと突き放すところは。
  
 
==============

     
  
俯瞰して書かれているようで、結構具体的な事も多く書かれていて、経験者やその周りの家族なんかには、とても共感を生む内容だと思う。
      
また縁遠い人に対しても、身近に感じることのできるような内容になっていると思う。
 
  
       
客観的に論じられ続けていますが、最後の最後には主観やこの作者の価値観が如実に垣間見える表現もあった。
        
そこには賛否両論があるのだと思いましたが、全体的にフラットに、でも踏み込んで、、広く深く書かれている印象でした。
    
   

個人的に とても

おススメ出来る良書!!

 
 
 


社会的ひきこもり―終わらない思春期 (PHP新書)






 
楽天:社会的ひきこもり
       
      



「社会的 ひきこもり について。」
      
 
書籍のレビュー書きました。
   
ただ、内容を引用したり書き出すことは今回しませんでした。
   
    
部分的な解説程度になっていますが、著者 斉藤環 さんの文献があるので、最後に合わせて貼っておきます。
  
「社会的ひきこもり」の定義が、政府のひきこもり政策などに該当する 「〜18歳まで」 ではなく、
   
「〜29歳頃まで」としているため、副題に 終わらない思春期…のような文言が用いられています。
    
      
これは ひきこもり に 年齢の線引きをしているわけではありませんが、 本書にあるケースに基づいて定義を定めているようです。
       
また、ひきこもり =うつ病・精神疾患・障害…とも していないのも特徴的です。一度切り離して書かれています。
  
  
ただ、ひきこもり 全体 について話は書かれているので、障害者手帳やら抗うつ薬やら、摂食障害やDVや精神疾患のことにも多くを割いています。
     
15年以上前の本ですが、今読んでちょうど良いくらいの内容かもしれません。
         
今後ますます問題視される課題だろうしワードになると思うので、是非注目してみてください。
   
    



この本の著者 "斎藤 環" さんの文献
青少年の社会的ひきこもりについて

「社会的ひきこもり」とは
http://www.sofu.or.jp/hikikomoripage.html
 
 




以下、関連リンクです。

旅を始める前までの経歴書。どうして旅を始めたか…(うつ病発症のブラック経歴つき)
ブログリンク
http://tacd.seesaa.net/article/384248987.html



225,000 VIEW 突破!!

「日本にいながら、月3万円で暮らす方法。【やめるべき7つのこと】」
NAVER リンク
http://matome.naver.jp/odai/2141212750484646501




2015年一発目!!
「日本でヒッチハイク旅を勧めないたった一つの理由 と7つのコト」
NAVER リンク  
http://matome.naver.jp/m/odai/2142036033336587201



NEW!!

「どれだけあるの? 日本を紹介する / 伝える / 学ぶ TV番組一覧まとめ 2015年版」
NAVER リンク  
http://matome.naver.jp/odai/2143364896792592401

      
生活費なんと0円!? ドイツ人活動家 ラファエル・フェルマーって誰?
NAVER リンク  
http://matome.naver.jp/odai/2143437982857171601








032

佐藤翔平 (旅人活動家) 現在 農家

出身地 横浜 =1986.3.14 生まれ=
アパレル、空間装飾等の仕事を経て現在はフリーで活動。 MOVERS JAPAN 発起人。元うつ病患者。2014年4月より 日本一周自転車旅を通じて、環境創りや思想・ライフスタイルを問う旅人活動家として、セルフエイド を提唱。様々なメディアに寄稿します!テント寝袋自炊ときどき発電。各地域でゲリラツイキャスも…!?

Social life director (time-limited:Traveler activist).
I am now active with freelance after work such as apparel, event company, the space decoration.MOVERS JAPAN / SELF AID representative, a promoter. A former depression patient. I propose self-aid as a traveler activist. I contribute it to various media!



#moversjapan

日本のイマを共有し、
僕らのコレカラを創る活動。

日本一周自転車旅を続ける旅人活動家の 体験を通じて 今の日本 を伝える情報発信メディア。


今後とも、
ご支援よろしくお願いします。




MOVERS JAPAN Facebook
https://m.facebook.com/moversjapan


HP
(All information 総合案内版)
⇒ http://moversjapan.com/


Twitter
(Real-time media 近況情報)
@moversjapan / tag: #moversjapan

Photo Gallery
⇒ http://moversjapan.com/category/photo/


And Other
⇒ http://moversjapan.com/link/





mj3.jpg

<MOVERS JAPAN プロジェクト代表>
日本一周自転車旅を通じて、日本の日常美を国内外に発信しています。


PC/ https://www.facebook.com/moversjapan

スマホ/ https://m.facebook.com/moversjapan



名称未設定-1.jpg

<SELF AID プロジェクト代表>
#selfaid

<10代からの> 現代病に対する予防策や知識共有を、若者発信で行う優しい社会活動。

説明
社会問題になっている現代病に関する情報を集めるHUB page。

実際に病気を経験した・している、20~30代の比較的若い男女メンバーがキュレーションをし発信するページです。


PC/ https://www.facebook.com/pages/SELF-AID/594614227281684

スマホ/ https://m.facebook.com/profile.php?id=594614227281684






DM-投稿裏.jpg

Facebook : 
https://www.facebook.com/satoshohei0314





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







【関連する記事】
posted by 佐藤翔平 / shohei sato at 17:38| Comment(0) | シェア・キュレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。