SATO.jpg

satoshohei.com START!!



最近の記事

2015年06月12日

長いよ:「身近な人を幸せにもできなくて、より大きな社会を幸せになんてできない。」という、世に溢れる美徳に対して、真っ向から反発してみるコラム。 


      
     
L1198404.JPG




「身近な人を幸せにもできなくて、より大きな社会を幸せになんてできない。」という、世に溢れる美徳に対して、真っ向から反発してみるコラム。  






まずはじめに、
 

少し前まで、

僕もそんな発言をしていたかもしれません。
      
し、 
   
それを「悪だ悪魔だ〜」などと

いうつもりもありません。
    

  
悪い言葉じゃないものを、悪者にするつもりもないし、それを心の支えにしている人がいるなら、それを否定するつもりもない。解釈の問題だし、思考や信念の問題だから、違って当たり前だ。
  
       
     
ただ今は、ちょっと ヒール(Heel)な役を受けてでも、少し言いたい気持ちがある。
 
 
            
こんなヒールな旅人を嫌いにならないでください。(←超 弱腰) 
        
     
 
 
 
 
L1198325.JPG





   
「身近な人を幸せにもできなくて、より大きな社会を幸せになんてできない。」
         
  
       
  
美徳のように

よく言われているけど、
    
    
   
これって本当にそう?

  
      
    
 
      
 
幸せに出来ない→幸せに "してあげる"
      
  
そんな考え方自体が、
   
        
幸福から先ず遠い概念だと思うけど… 
 
    
      
  
誰かを幸せに…なんて、
        
      
そもそもが違和感。
   
         
      
幸せは自分で感じるものだよ。
 
     
   
他人と共有も比較も、
       
    
本来するものでもないし、
         
       
 
まして譲渡したり仕向けられるものでも無い。
   
  
    
幸せにしてあげる!!
 
   
も、
  
 
幸せにしてもらう!!
  
 
 
も、全然響かない、違和感。  
       
  
  
 
お互いに幸せだったらいいね…
   
  
そのくらいなもんだと


僕はそう思ってる。     
  
     
 
   
個々で感じるもの…
     
    
幸福を渡したり受け取ったり…
      
    

そんなの "全て錯覚" だよ。
  
   
       
と、先ず、言いたい。
   
 
   
  
…あ、でも、
       
  
 

言いたい事はこれじゃない。

     
 
   
L1198281.JPG



   
   
    
「身近な人を幸せにもできなくて、より大きな社会を幸せになんてできない。」
      
       
 
    
この言葉の違和感について、
      
    
色々考え直している部分もあるので、
     
改めて文字に起こしてみようと思った。
   
        
       
  
  
 
 
世界平和を願うなら、
       
       
先ず国内平和に全力を尽くしたい。
   
   
     
   
国内平和を願うなら、
  
             
先ず地域や近所づきあいから…。

      
       
      
今もその感覚がゼロではないし、
    
だからこそ日本国内に目を向けて活動をしている…けど。
         
     
     
そもそも、"問題" も "事象" も 、 そこへむかう "プロセス" も "アクション" も、全く異なること…だよね?
      
      
おおざっぱに向かう方向性は一緒かもしれないけど、でもアクションを具体的に起こす段階で考えれば、比較すること自体が、根本的に違うんじゃないのかな…。
        
        
   
世界平和と国内平和…
    
そのために解決していく課題って一緒?
      
    
   
ましてそれを、
           
家族や近所に置き換えて…
         
そんなことを同列に語ること自体が、根拠も実態もない、共感しがたい虚像的な概念だったのかもしれない。
         
      
大は小を兼ねるというけど、大小の問題じゃそもそもないことに、僕らは先ず気付かなければならない。
         
           
             
「より大きな "社会" を幸せに。。でも先ずは家庭を大切にしたいな。」
    
             
これなら理解できるけど、、。
        
         
  
でも違うのは規模や数字だけじゃなくて、そもそもが全く違うこと。
      
全く異なることを、同じことのように、ただ規模が違うことのように解釈して、美徳にするのは…実におかしなことだと思った。
        
     

  
 
そう思ったのは、
 
 
   
最近話題のあの僧侶の話。
    
      
       


    
昨日、この人の動画を、

2本続けて観てしまった。
     
  

     
   

       

     

インド仏教 佐々井秀嶺

 
この人は、家族・生家と25歳そこそこで縁を切り、単身インドへ向かって40年もの期間をインド仏教に捧げ続ける。。

           
野宿をして、乞食のような生活を続けながら、信者から頂いた食べ物だけで生きてきた。
            
食うものも寝る場所も、そもそもの安全性も衛生環境も…自分のことは省みず、ただただ、迫害を受け続けるインド仏教徒の為だけに身を捧げ行動した。
       
縁もなかった一人の日本人僧侶が、他国インドのカースト制度に真っ向から立ち向かい、国を支配する程に大きな組織として存在するヒンドゥ教にも向き合い続けた。そして、受け入れ続けた。
          
     
彼の信念や姿勢、具体的な行動の数々が徐々に評価されるようになり、大改宗の儀式に何百万という人々が集まるようになり、今ではインド政府に直接発言が出来る、崇高なポジションを確保するまでになった。。それでも傲慢になることなく、地に足のついた活動を続け、みんなと同じような生活を選択し続ける。。
      
 
彼が、家族のために、日本のために、捧げるエネルギーの全てを、40年間に渡りインド仏教に捧げ続けたからこそ、なし得た評価や反響。
    
   
若くして家を出て、それから何十年と連絡一本もせず、ついには親の死に目にも寄り添えず…
      
 
「私は日本一の親不孝者かもしれない。」 


というような言葉も残されていた。

 


振り返れば、
 
マザーテレサだってそうだ。
         
       
家族を捨て、国を捨て、、

その全てを死する人に向けた。。    
   



   
そもそも、仏道における出家も、世俗を捨てることを意味する。
 
        
 
出家(しゅっけ、巴: pabbajja、梵: pravrajyaa、प्रव्रज्या ) とは、師僧から正しい戒律である『沙弥戒』や『具足戒』を授かって世俗を離れ、家庭生活を捨て仏門に入ることである。 

          
     
 
全ての人間に対して
             
ここまでを背負う義務も使命もない。

    
   
ただ、ここまでしなければ得られないものもあるし、ここまでしなくとも、身を切る想いや選択が必要な時もある。。



全てにおいてパーフェクトになし得る…
       
そんな不可能なことを目指すよりも、目的に合わせて、どんどん手放していく必要がある。本当にそれを心から望むのであれば…。
       
       
 
 
「身近な人を幸せにもできなくて、より大きな社会を幸せになんてできない。」
     

多くの人に信じられている美徳に楯突くことに、嫌悪感や違和感を感じる人も多いと思うけど、
           
 
全く属性の異なる事柄を、あたかも同じことのように、そして、その翼をある種 捥ぐように存在するその美徳は、いい加減、捉え方や解釈を変えてもいいのではないだろうか。
      
 
     
  
思想や信念は人によって違う。
   
考え方に添わなければスルーするべきだし、
       
わざわざ反論してこなくても、
     
賛成してくれと言いたいわけでもない。。 
    
  
ただ、"それぞれ違う" …
  
ということを受け入れた上で、
   
        
それでも視野や視点を変えていくべきなんだと思った。
     
   
    
 
 
    
今朝投稿した記事は、
 
 
そんな考え方の延長線から

生まれたものだった。
 
 
 
 
 
L1198373.JPG



「ニュースで感じる問題や事例の数々。」
        
  
医師も政治家も教師も
   
       
行政も警察も住職さえも。
 
  
全員とは言わないよ…
    
 
でも、みんなそうだ。
  
  

自分や、
    
     
自分の名誉や地位や、
  
   
自分の組織や生活を
  
   
守ることばかりに力を注ぎ、
  
 

身を切る程の活動を通じて
   
 

全身全霊、
 
 

社会や問題と向き合い、
  
 

献身的に、
  
 

誠心誠意、
 
 
活動してる人なんて、
 
 

一握りほどなんじゃないのか。
 
 

みんな、ベクトルが
 
 

自我自己私欲私情に向いていて…
 
 

キレイゴトばかりじゃ、
 
 

乗り切れない時代に到達してるのに…
 
 

もっと、一人ひとりの、
 
 

パワーがこの社会に今必要なのに…
 
 

その姿勢と活動さえあれば、
 
 

劇的にこの国は善くなるはずなのに…
 
  
  
その枠や型から飛び出せる人が
 
 

もっともっと増えてほしいな。
 
 

少しずつ、少しずつ。
 
 

それでも変化し始めてる。
 
 

その時が来るまで。
 
 

活動を続けながら、
 
 

出来ることをする。
 
 


『穴を塞がないことには、船にたまり続ける水をかき出す日常を繰り返しても、一向に船の水は無くならない。そして、いつか沈む。
 
身を削って、ずぶ濡れになりながらも、危険な船底へ向かって、穴を塞ぐ人間が増えたらなら、きっと船は沈まない。』

 

Photo:鎌倉 円覚寺 方丈

‪#‎旅人活動家‬


 
 
 
 



以下、関連リンクです。

旅を始める前までの経歴書。どうして旅を始めたか…(うつ病発症のブラック経歴つき)
ブログリンク
http://tacd.seesaa.net/article/384248987.html



225,000 VIEW 突破!!

「日本にいながら、月3万円で暮らす方法。【やめるべき7つのこと】」
NAVER リンク
http://matome.naver.jp/odai/2141212750484646501




2015年一発目!!
「日本でヒッチハイク旅を勧めないたった一つの理由 と7つのコト」
NAVER リンク  
http://matome.naver.jp/m/odai/2142036033336587201



NEW!!

「どれだけあるの? 日本を紹介する / 伝える / 学ぶ TV番組一覧まとめ 2015年版」
NAVER リンク  
http://matome.naver.jp/odai/2143364896792592401






032

佐藤翔平 (旅人活動家) 現在 農家

出身地 横浜 =1986.3.14 生まれ=
アパレル、空間装飾等の仕事を経て現在はフリーで活動。 MOVERS JAPAN 発起人。元うつ病患者。2014年4月より 日本一周自転車旅を通じて、環境創りや思想・ライフスタイルを問う旅人活動家として、セルフエイド を提唱。様々なメディアに寄稿します!テント寝袋自炊ときどき発電。各地域でゲリラツイキャスも…!?

Social life director (time-limited:Traveler activist).
I am now active with freelance after work such as apparel, event company, the space decoration.MOVERS JAPAN / SELF AID representative, a promoter. A former depression patient. I propose self-aid as a traveler activist. I contribute it to various media!



#moversjapan

日本のイマを共有し、
僕らのコレカラを創る活動。

日本一周自転車旅を続ける旅人活動家の 体験を通じて 今の日本 を伝える情報発信メディア。


今後とも、
ご支援よろしくお願いします。




MOVERS JAPAN Facebook
https://m.facebook.com/moversjapan


HP
(All information 総合案内版)
⇒ http://moversjapan.com/


Twitter
(Real-time media 近況情報)
@moversjapan / tag: #moversjapan

Photo Gallery
⇒ http://moversjapan.com/category/photo/


And Other
⇒ http://moversjapan.com/link/





mj3.jpg

<MOVERS JAPAN プロジェクト代表>
日本一周自転車旅を通じて、日本の日常美を国内外に発信しています。


PC/ https://www.facebook.com/moversjapan

スマホ/ https://m.facebook.com/moversjapan



名称未設定-1.jpg

<SELF AID プロジェクト代表>
#selfaid

<10代からの> 現代病に対する予防策や知識共有を、若者発信で行う優しい社会活動。

説明
社会問題になっている現代病に関する情報を集めるHUB page。

実際に病気を経験した・している、20~30代の比較的若い男女メンバーがキュレーションをし発信するページです。


PC/ https://www.facebook.com/pages/SELF-AID/594614227281684

スマホ/ https://m.facebook.com/profile.php?id=594614227281684






DM-投稿裏.jpg

Facebook : 
https://www.facebook.com/satoshohei0314





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






【関連する記事】
posted by 佐藤翔平 / shohei sato at 17:34| Comment(0) | シェア・キュレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。