SATO.jpg

satoshohei.com START!!



最近の記事

2015年04月22日

【家入一真さんに相談しかったこと】




11091183_640392386106539_5091620824166174695_n.jpg



10403600_640392306106547_8549063981668735844_n.jpg




【家入一真さんに相談しかったこと】
 


「みてもらった。」

ついにみてもらえた。

何か動き出さないかなー!!


彼のマインドや行動力、思想やスキルや影響力を持ってすれば、僕より断然、より現実的なレベルで動き出せる可能性があると思いましたので。


「僕の手柄」とか「僕が考えた」とか「僕が言った」とか、どうでもよくて、「誰かがやってくれた」とか「誰かが代弁してた」とか「誰かが叶えてくれた」で全然いい。

大事なのは、
「誰が」じゃなくて「何を」だから。


ーーーーーーーーー

【家入一真さんに相談したい】

日本のイマを伝えたくて、日本一周自転車旅に出た旅人です。意見ほしいです。

家入さんの日々の活動や投稿を受けていて、遠からずなマインドを感じます。如何でしょうか。

よろしくお願いします。



〜以下、投稿記事より〜

「世界遺産、国宝、文化財、ユネスコ文化遺産…」


日本にも遺すべき素晴らしい資産がたくさんあるけどさ、もっともっと日常的な、庶民的な、遺すべきものってあると思うんだ。

お店とか空き地とか自然とか食とか技術とか…

例えば、維持がとても難しい駄菓子屋とか、僕らでフォロー出来ないのかなって。。

子ども達や海外の人にも、どの町にもあった駄菓子屋の魅力知ってほしい。


自治体や行政、特定の個人だけに任せるんじゃなくて、僕らで共有して、僕らで守る流れって作れないのかな?

日本各地の 【 遺す 】をコンセプトとした、クラウドファンディングサイトとか、署名サイトとか、共有メディアみたいのって作れないかな?

どう思います?

世界遺産や文化財、国宝は、歴史的価値とか希少性ってベクトルが根本にあって、遺すことで歴史を繋げる…語る証拠みたいな要素もあると思うんだけど、

国がやること、行政がやることと別に、庶民がやるべきこともあるんじゃないかな?役割として。。


税金使えるなら税金使って守ればいいし、補助金出るなら補助金使って守ればいいと思うけど、それ以外の、非力だけど守りたいってみんなが感じるものは、みんなの小さなチカラでもって、守る他ないんじゃない?


今あるものであっても、もっと実用性のある、日常的なレベルで構築したいなぁ。




Photo:ITALY

‪#‎旅人活動家‬

ラベル: 目標
【関連する記事】
posted by 佐藤翔平 / shohei sato at 10:15| Comment(0) | デイリーコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。