SATO.jpg

satoshohei.com START!!



最近の記事

2014年11月14日

「僕は黒船じゃない。」





00.jpg



 
「僕は黒船じゃない。」



 
少し前の話。
 
秋山郷麓の秋成という集落に到着した日。
 

そう、老夫婦 松元さんに
道端で出逢い御自宅に招かれた日だ。
 
  
松元さん宅に荷物を運びいれ、
 
お茶と近くで採れた柿
そしてこの地 名産の笹団子で、
温かいお茶を淹れてくれ一休憩。
 
少し話し休むと15時近くを回っていた。
 
 
夕暮れまで数時間という感じだったので、
 
この日は松元さんの車で、
 
秋山郷入口の高台と
近くの不動尊に案内してもらった。
 
その帰り道、
自宅近くを車で通るとこんなことが。
  
 
【一人のおばぁさんが、敷地内に入り 家の周りをぐるぐる、中を観るように回っていた。】
 
 
 
自宅前に車を止めるなり、
松元さんが話しかける。
 
「おう、どうした?」
 
 
おばあさんは、少しビクついて、
 
でも、いつもの様な感じで答える。
 
 
 
「松元さん。外出てたんね。車ないからいないと思ってたんだけど、なんか見慣れない自転車が置いてあったからね。松元さんいないし、お客さん?でも、若い人が乗るものだし、お子さん、お孫さんでも来たのかと思って…
 
【気になったから、家を覗いていたのよ〜】 」

 
 
「おうそうか。家内は家にいたけどねぇ。お客さんだ。日本を旅している若者を、津南正面のセブンイレブン前で引きとめちゃってね…」
 

 
 

と話が始まった。
  
 
覗き。笑
  

 

しかも、堂々と公言。
 
悪そびれた感じは一切ないし、
ここの風習か。
 
 
何か異常があった時はすぐ助け合える環境。家の垣根があるようでなくて、平気で家に入ってくる。。。
 
都心では、まず少ない繋がり方。
 
 
海外渡航の多い人ならなおさらだと思うけど、
旅は【多様性】を感じる多くの機会がある。
 
 

---------------------------------
 
常識というのは、
あなたの目の前だけのことだ。
 
他の場所に行くと、
それは常識でも何でもない こともある。
 
そんな思い込み、
固定概念は捨てなさい。
 
自分が正しいなんて思うな。
---------------------------------
  


松元さんが働いていたある時代に、当時の尊敬する社長から言われた言葉の様だ。転勤や単身赴任も多かった松元さん。
  
国内にいる時も、たくさんの地方の方が集められてきて、更には中国赴任をしていた時期もあるそうで、「常に常識が通じない」体験があり、人をまとめることの難しさを体感していたそうで、その時言われた言葉がとても響いたと言っていた。
 
僕も山梨県入りした時に、そんな話を隣人田渕氏の愚痴から聞いていたので、旅をすると【多様性】が身につくもんだなぁ…と改めて実感した。
  
【みんな違う。悪気がない。習慣。文化。】 
  
これを思い、受け入れないと消化できないことなんて日常茶飯事。
 
 
いつも通り話はそれますが、
自転車旅をしていると、毎回のように
 
  
「黒船が来たぞ〜!!!!!!」
 
 
の様な目で見られ、リアクションをされる。
 
なんかすごいヤツが外から入ってきた。という感じだ。 コイツを集落に入れて大丈夫か?みたいな半面、興味や善意みたいなものも感じて、とにかく話をしないとなぁ…という感じになるのだ。
  
僕は山ですれ違う時、またはランニングですれ違う時の習慣で、特に朝と夕方は、すれ違うと必ず頭を下げるようにしている。スピードが遅ければ挨拶を交わす。
    
当たり前だと思っていたけど、観光地でこれをやると、老若男女限らず、半分近くの人にはシカトされます…。。挨拶シカトかよ…と悲しくなります。。
 
 
まぁこれをすることで、話すきっかけになり、少なからずの違和感や疑心が、コミュニケーションの中でいくらか和らいだりするものだ。
 
 
昨日も投稿した通り、都心ではまず自意識過剰と思われる「見られる」感覚が、地方に行くと当然の様にひしひしと感じる。
   
もちろん大荷物を自転車に乗せて移動しているからなおのことなんですが、荷物を持っていない時でさえ、同じような場面に遭遇する。
 
まだ20代だから?過疎地域だとそんな理由もあるのかもしれないが、やはり人口の少ない地域の方々の文化・習慣もあるのだと思う。
 
 
関連記事といってはなんなのですが、
最後に一つ、旅中に記事にしたものを紹介させてください。
  
   
【見られる意識が、行動を変える。】
http://tacd.seesaa.net/article/400187906.html

 
 
日本人は、元々、見られる意識があったのだ。
 
 
写真は、津南町秋成でのもの。
一枚目がそのおばぁちゃんと松元さん。
 
二枚目が兄弟猫の、クマゴロウ。笑
 

 


以下、関連リンクです。


旅を始める前までの経歴書。どうして旅を始めたか…(うつ病発症のブラック経歴つき)
ブログリンク
http://tacd.seesaa.net/article/384248987.html


絶賛拡散中… 
「日本にいながら、月3万円で暮らす方法。【やめるべき7つのこと】」
NAVER リンク
http://matome.naver.jp/odai/2141212750484646501






032

佐藤翔平 (旅人活動家) 現在 農家

出身地 横浜 =1986.3.14 生まれ=
アパレル、空間装飾等の仕事を経て現在はフリーで活動。 MOVERS JAPAN 発起人。元うつ病患者。2014年4月より 日本一周自転車旅を通じて、環境創りや思想・ライフスタイルを問う旅人活動家として、セルフエイド を提唱。様々なメディアに寄稿します!テント寝袋自炊ときどき発電。各地域でゲリラツイキャスも…!?

Social life director (time-limited:Traveler activist).
I am now active with freelance after work such as apparel, event company, the space decoration.MOVERS JAPAN / SELF AID representative, a promoter. A former depression patient. I propose self-aid as a traveler activist. I contribute it to various media!



#moversjapan

日本のイマを共有し、
僕らのコレカラを創る活動。

日本一周自転車旅を続ける旅人活動家の 体験を通じて 今の日本 を伝える情報発信メディア。


今後とも、
ご支援よろしくお願いします。




MOVERS JAPAN Facebook
https://m.facebook.com/moversjapan


HP
(All information 総合案内版)
⇒ http://moversjapan.com/


Twitter
(Real-time media 近況情報)
@moversjapan / tag: #moversjapan

Photo Gallery
⇒ http://moversjapan.com/category/photo/


And Other
⇒ http://moversjapan.com/link/





mj3.jpg

<MOVERS JAPAN プロジェクト代表>
日本一周自転車旅を通じて、日本の日常美を国内外に発信しています。


PC/ https://www.facebook.com/moversjapan

スマホ/ https://m.facebook.com/moversjapan



名称未設定-1.jpg

<SELF AID プロジェクト代表>
#selfaid

<10代からの> 現代病に対する予防策や知識共有を、若者発信で行う優しい社会活動。

説明
社会問題になっている現代病に関する情報を集めるHUB page。

実際に病気を経験した・している、20~30代の比較的若い男女メンバーがキュレーションをし発信するページです。


PC/ https://www.facebook.com/pages/SELF-AID/594614227281684

スマホ/ https://m.facebook.com/profile.php?id=594614227281684






DM-投稿裏.jpg

Facebook : 
https://www.facebook.com/satoshohei0314





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



 
【関連する記事】
posted by 佐藤翔平 / shohei sato at 17:30| Comment(0) | デイリーコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。