SATO.jpg

satoshohei.com START!!



最近の記事

2014年11月13日

「リアルタイムにうつ病の相談を受けている話。5」



P4270043.JPG




「リアルタイムにうつ病の相談を受けている話。5」
 

"悲しくなるよ…今でもある、こんなやりとり。"
 
鬱に対してのことを知ってもらいたいので、今回、STORY形式で、僕とのやり取りや現状に対する情報を、本人の了承の元、公開させて頂く事にしました。 
 
一つの記事にまとめようと思ったのですが、あまりにも内容がまとまらないのと、文字数が膨大になってしまうので、恐縮ですが、何回かに分けて発信させて頂こうと思います。
 
 
前回までのハイライト>>
 
「リアルタイムにうつ病の相談を受けている話。1」
http://tacd.seesaa.net/article/408532015.html

 
「リアルタイムにうつ病の相談を受けている話。2」
http://tacd.seesaa.net/article/408533693.html


「リアルタイムにうつ病の相談を受けている話。3」
http://tacd.seesaa.net/article/408596794.html


「リアルタイムにうつ病の相談を受けている話。4」
http://tacd.seesaa.net/article/408858062.html

 
 


いま、色々と話をしてくれる
鬱の可能性を感じ始めたA子さん。
 
まだ心療内科には行けていない。
 
 
前回のメッセージに対するやりとりの続き。
 
   
 
A子さん:
 
「営業さんとの一日がおわりました。
なんか、どっと、何もしてないのに疲れたり泣いたり、ぼーっとしてしまったり。。。

とても働ける頭じゃない。。。

翔平さんは
焦りや不安をどう克服しましたか?

このmoversjapanまで、どうやって。。。
全然今からちゃんと仕事出来てる自信がないです。」
 


 
旅人佐藤:
「壮絶でしたか…。
なんとか話はついたのかな?
 
 
焦りや不安は、
しばらく克服できませんでしたね。 
 
当然の様に、
僕がいなくても社会は常に動いていて、 
 
周りで結婚する人が現れたり、
転職する人が現れたり…、 
  
僕が鬱になったのは2010年の3月でしたが、2012年の9月までFacebookなど、リアルな友達と再び繋がる事はしていなかったので (そこまで普及もしてなかったし)、きっと環境的にはマシだったけど、
 
それでも、友達から来るメールなど、誘いを断り続ける日々と、その都度、近況…というか現実を叩きつけられているようで、焦る日々でしたよ。
 
でも、どうあがいても、
どうしようもないですからね。笑 
 
それよりも、
とにかく環境を整えることをしました。
 
ココロやカラダを整えようとしても簡単じゃなかった。コントロール全然できないし…でも、環境を整える事だったら、まだハードルが低かった。
  
いま、プラスと感じるものを集めて、
いま、マイナスと感じるものを排除する。 
  
人間関係や周囲にある雑貨・ガラクタ、
日々の習慣や目につくもの全て。
 
コントロール出来る部分と、
出来ない部分を常に自覚すると思います。
 
コントロール出来る部分が、
出来る範囲です。
 
出来ることにフォーカスし続けてください。
  
少しずつその範囲は広がっていきます。

 
 
今は焦りや不安、苛立ちや葛藤が常にあると思います。でも、それでいいのです。そういう段階なだけです。ステップです。
 
本当に先の見えない戦いに、日々消耗して、日々苛立って不安になって。でも、うつ病になっているみんながそうです。
  
 
moversjapan は、偶然に生まれた団体ですが、2014年ですから、単純に4年かかってます。笑 
  
365 × 4 …1460日。笑 
 
そのうち、1年半は家から一歩も出れない様な日々でした。
 
そのうち、1年はリハビリ期間でした。アルバイトをしながらフリーランス。
 
そのうち、半年は、自分の病気の事に目も向けず、当時の彼女救出に必死でした。笑 
 
まぁ、色々あってのイマです。大丈夫(^^)」




A子さん:
 
「話はつきました。
 
私の顔色と様子がおかしいし、泣いてしまったので、そこでやっと仮病じゃないって分かったみたいでした。
 
でも、気持ちを入れ替えてとか、真剣に仕事をしたい人に仕事を紹介したいからとか言ってたので、怠けてると思ってるには変わり。。。なかったかと。
 
帰ってからどっと疲れて寝てしまったんですが、営業さんからメールがきてて、今回の事は忘れて次に進むこと。そしてしっかり自分と向き合うこと。ってメールがきてて、営業さんに私がどう見られているのか、純粋に分かりませんでした。。。
 
出来る事にフォーカスしてみます。

みんな なんとかぶら下がってるんですね。みんな、そうやっているんですね。
こうなってみて、本当にどれだけなにもかもが分からないのかがわかりました。
 
翔平さんは、薬以外に漢方をとりいれたりしましたか?
もし取り入れて良かった漢方があったら教えてください。
 
私がうまくこの状態と付き合える日がきたら、
私は必ずこの事を作品にします。」

 

 

旅人佐藤:
 
「営業の方が悪い…とは思えませんが、共感するのは本当に難しい病気だし、自分のとても身近な存在、または自分自身が経験しないと、今の社会では分からないことですよね。。
 
僕も、弟や父が鬱になっている時でさえ、その苦しみや葛藤は全くというほど理解できてませんでした。厳しい言葉をかけてしまうこともありました。
 
"過ちに気付かないことが、最大の過ち。" 
  
これに気付いた時の衝撃も相当のものでした。

 
 
「気持ちを入れ替えてとか、真剣に仕事をしたい人に仕事を紹介したいから」
 
これは、今の社会を正に表してますよね…
 
「変わりはいくらでもいる、使い捨て…」
 
そんなことを間接的に思わせるような、悲しい言葉です。。病気であれ、ただ落ち込んでる状況であれ、ウチの会社では扱えません…といっているようですね、なんとも思ってないのでしょう。。
 
ただ、今回は営業の方がいったように、すっぱり切り離してしまって大丈夫ですよ…と言ってくれているのかもしれません。退職の話なども具体的にあったのですか?
 
 
僕は漢方薬は全て処方されたものですね。それ以外には、特に調べて取り入れて…ということはしなかったですね。調べればいろいろと出てくると思います。
  
無作為に投資して健康食品や漢方・サプリメントを試してみる…というような、"健康志向" も元々ないのかも。
  
でも、作用がそれぞれあると思うので、"改善" の手助けはしてくれるかもしれませんね。
 
僕の場合は、ヨガをやったり、グリーンを取り入れたり、本や映画で環境を創ることはしましたが、口から入れるもので治していく…というような感覚がなかったのかもしれません。
 
とにかくリラックスできる環境、デトックスするようなイメージで日々を選択していくのは重要かもしれません。ヨガも病状を告げられて半年後から、ただやりたくてはじめた…という感じですけどね。
 
出来ることから、
興味がわくことからでいいと思います。
 
 
作品、楽しみですね。
 
病中も、筆がすすむ時があったら、描いてみるのもいいかもしれませんね。フクシマの子供達がやっていた 絵画セラピー じゃないけど、表現は発散にも繋がると思うので。
 
マイナスの経験をマイナスのままにするのは、非常にもったいないし悲しい過去になってしまうと思います。僕自身もうつを一つのキャリアとするくらいな気持ちで、前向きに貢献できる方法を探っている次第です。
 
 
寝付きや体調はどうですか?
 
あまり無理のないようにして下さいね(^^)」
 


 
まだ続きます>>
 
 
いまでこそ、こんな風に、旅人の様な事をしていますが、はじめは、10分の自転車だけで目眩。30分の買い物だけで目眩。とにかくすぐ、頭が揺らいで倒れそうになった。 
 
その時のこともFacebookでリアルタイムに伝えていた。
  
少し自転車こぐだけで、
酔っ払いみたいにふらつくって…。
二日酔いみたいに気分悪くなるって。
 

でも、2014年の春から、必ず日本一周はスタートするつもりだったし、それに合わせて、少しずつ一歩一歩リハビリを重ねてきました。今の様な旅を思い描きながら。。。 
  
 
 

知ることです。
 
そして、身近に感じることです。
 
 
毎度同じコメントを添付させて頂いていますが、
よろしくお願いします。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 
言いたくても言えない人が、言える範囲で、言える人に言う。
これが社会の仕組みだと思うけど、受けた人が受けたことを言わない限り、それは世に存在していないと同然になる。
 
社会を根本的に変えるには、受けた人は、受ける以上の役割をしていかなきゃいけないと思う。
 
その一つが、発信だったり共有だったりする。
 
もちろん関係性ありきのことではあるけど、
うつ病の場合は、言えないまま、消化出来ないまま、抱え続けてしまう環境・風土がある。
 
これは、意識して変えていかなきゃ、認知も理解もないまま、ただ犠牲者が増えるだけだ。
 
出来る範囲でしかできないけど、出来ることはしていくべきだ。
言える場が一箇所でも増えるだけで、患者にとっては、大きなセーフティネットになりえる。
 
その場を創る。
 
何千人の声を、僕一人で聞き続けることはできないと思う。
 
でも、一人の声でも近い距離で聞ける、何千人の仲間なら、作れるかもしれない。
そうやって社会は変わっていくべきなんだ。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 
#SELFAID
(https://www.facebook.com/SELFAID.JP)
 
情報
<10代からの> 現代病に対する予防策や知識共有を、患者・元患者発信で行う優しい社会活動。
 




以下、関連リンクです。


旅を始める前までの経歴書。どうして旅を始めたか…(うつ病発症のブラック経歴つき)
ブログリンク
http://tacd.seesaa.net/article/384248987.html


絶賛拡散中… 
「日本にいながら、月3万円で暮らす方法。【やめるべき7つのこと】」
NAVER リンク
http://matome.naver.jp/odai/2141212750484646501






032

佐藤翔平 (旅人活動家) 現在 農家

出身地 横浜 =1986.3.14 生まれ=
アパレル、空間装飾等の仕事を経て現在はフリーで活動。 MOVERS JAPAN 発起人。元うつ病患者。2014年4月より 日本一周自転車旅を通じて、環境創りや思想・ライフスタイルを問う旅人活動家として、セルフエイド を提唱。様々なメディアに寄稿します!テント寝袋自炊ときどき発電。各地域でゲリラツイキャスも…!?

Social life director (time-limited:Traveler activist).
I am now active with freelance after work such as apparel, event company, the space decoration.MOVERS JAPAN / SELF AID representative, a promoter. A former depression patient. I propose self-aid as a traveler activist. I contribute it to various media!



#moversjapan

日本のイマを共有し、
僕らのコレカラを創る活動。

日本一周自転車旅を続ける旅人活動家の 体験を通じて 今の日本 を伝える情報発信メディア。


今後とも、
ご支援よろしくお願いします。




MOVERS JAPAN Facebook
https://m.facebook.com/moversjapan


HP
(All information 総合案内版)
⇒ http://moversjapan.com/


Twitter
(Real-time media 近況情報)
@moversjapan / tag: #moversjapan

Photo Gallery
⇒ http://moversjapan.com/category/photo/


And Other
⇒ http://moversjapan.com/link/





mj3.jpg

<MOVERS JAPAN プロジェクト代表>
日本一周自転車旅を通じて、日本の日常美を国内外に発信しています。


PC/ https://www.facebook.com/moversjapan

スマホ/ https://m.facebook.com/moversjapan



名称未設定-1.jpg

<SELF AID プロジェクト代表>
#selfaid

<10代からの> 現代病に対する予防策や知識共有を、若者発信で行う優しい社会活動。

説明
社会問題になっている現代病に関する情報を集めるHUB page。

実際に病気を経験した・している、20~30代の比較的若い男女メンバーがキュレーションをし発信するページです。


PC/ https://www.facebook.com/pages/SELF-AID/594614227281684

スマホ/ https://m.facebook.com/profile.php?id=594614227281684






DM-投稿裏.jpg

Facebook : 
https://www.facebook.com/satoshohei0314





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



 
【関連する記事】
posted by 佐藤翔平 / shohei sato at 18:09| Comment(0) | デイリーコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。