SATO.jpg

satoshohei.com START!!



最近の記事

2014年10月27日

皆さんは、どう考えますか? "若者を寄せ付けない風潮。"





0.jpg




「若者を寄せ付けない風潮。」



「若者がいない。若者誘致! とか言ってるワリに、僕らの想いや考えなんかに耳すら傾けないし、そもそも、若者に関心なんてないよ。デカい顔して仕切ってる権力者がいてさ、その世代の方たちで好きにやってる感じ。

いい意味でお互いに、
期待も干渉もしていない。

触らぬ神に祟りなし って感じかな。

スライドして落とすコインゲームみたいにさ、溜まっている人たちが徐々に落ちていって、そんな風潮もやがて薄まるんだと思ってる。

僕らの順番がくるまで、今のまま静かにやってようと思うよ。同世代集めながらさ。」


長野県のとある町にいる、30代カフェオーナーとの話です。

移住者が多い地区では、ワリと若者だけじゃなく、アーリーリタイア組の先輩や定年組の方々などもいて、
比較的 受け入れる、話を聞く土台って整ってる印象だったけど、 奥まった地区に行くと、また別の風潮がある。

古い考え、古い価値観、昔ながらの…というやつ。

地元の議員さん、どっち側の人間だ!? なんて感じで派閥があったり、商店街・町単位で仲悪かったり。。

昔からのやり方
昔からのシステム
昔からの人たち
 
だけ で、考えているような集落です。頑固で融通効かなくて…ムカシのヒトーって感じが集まる場所。 笑
善悪ではなく、こういったケースも、やはり想像通り存在するんですね。
 
 
若者を受け入れたい町 だけじゃないみたい。 【若者→得体もしれない新人類 】とか思ってるのかもしれない。

いくら若者が寄り添う気持ちを持っていても、それだけでは成立しない。

自分の祖父母の地元で、自分のルーツを感じて移り住んだ…とか、単純にこの土地が好きになった…とか、移住の理由はそれぞれだけど、問答無用に受け入れられない。。ふぅ。



きっと、長いスパンで、繰り返し繰り返し、嫌われながらも接していると、徐々に変わっていくものだと思うけど、
そこまでするべきかどうか、そこまで熱を帯びて何とかしたいかどうかって話なんだろうな。
 
 
 
僕もサラリーマン・営業時代に、ある原因がきっかけで、僕らを会社として嫌い続けていたクライアントのじぃさんがいました。
 
はじめは別の方が担当していた案件だったのですが、新入社員の僕に振られ、自分が担当として受け持ちました。笑

( 一時は脅迫文にも似たFAXが僕宛に届くほど、お怒りになっていて、最悪な状況でした。笑)

門前払いを受けながらも、上司や役員と出向き、何度も何度も、それこそ毎週のように通い続けて、信頼を取り戻した経験があります。笑

もちろん、関わっていた多くのスタッフ・サポートありきの復活劇だったけど、 担当責任者として、色々な想いや経験をしましたね。笑

その方とは、その後、一緒にお酒を交わしたり、仕事場以外で交流する仲にまでなりました。随分可愛がって頂いた。

僕が退職した後に、弊社の外部顧問・相談役のような役割になったとかなんとか。笑

 


そういったケースもあるのでね。
敵も敵じゃあないんです。本来。
 
若者を寄せ付けない風潮や文化。

その集落に未来はあるのか。
皆さんは、どう考えますか?




以下、関連リンクです。


旅を始める前までの経歴書。どうして旅を始めたか…(うつ病発症のブラック経歴つき)
ブログリンク
http://tacd.seesaa.net/article/384248987.html


絶賛拡散中… 
「日本にいながら、月3万円で暮らす方法。【やめるべき7つのこと】」
NAVER リンク
http://matome.naver.jp/odai/2141212750484646501






032

佐藤翔平 (旅人活動家) 現在 農家

出身地 横浜 =1986.3.14 生まれ=
アパレル、空間装飾等の仕事を経て現在はフリーで活動。 MOVERS JAPAN 発起人。元うつ病患者。2014年4月より 日本一周自転車旅を通じて、環境創りや思想・ライフスタイルを問う旅人活動家として、セルフエイド を提唱。様々なメディアに寄稿します!テント寝袋自炊ときどき発電。各地域でゲリラツイキャスも…!?

Social life director (time-limited:Traveler activist).
I am now active with freelance after work such as apparel, event company, the space decoration.MOVERS JAPAN / SELF AID representative, a promoter. A former depression patient. I propose self-aid as a traveler activist. I contribute it to various media!



#moversjapan

日本のイマを共有し、
僕らのコレカラを創る活動。

日本一周自転車旅を続ける旅人活動家の 体験を通じて 今の日本 を伝える情報発信メディア。


今後とも、
ご支援よろしくお願いします。




MOVERS JAPAN Facebook
https://m.facebook.com/moversjapan


HP
(All information 総合案内版)
⇒ http://moversjapan.com/


Twitter
(Real-time media 近況情報)
@moversjapan / tag: #moversjapan

Photo Gallery
⇒ http://moversjapan.com/category/photo/


And Other
⇒ http://moversjapan.com/link/





mj3.jpg

<MOVERS JAPAN プロジェクト代表>
日本一周自転車旅を通じて、日本の日常美を国内外に発信しています。


PC/ https://www.facebook.com/moversjapan

スマホ/ https://m.facebook.com/moversjapan



名称未設定-1.jpg

<SELF AID プロジェクト代表>
#selfaid

<10代からの> 現代病に対する予防策や知識共有を、若者発信で行う優しい社会活動。

説明
社会問題になっている現代病に関する情報を集めるHUB page。

実際に病気を経験した・している、20~30代の比較的若い男女メンバーがキュレーションをし発信するページです。


PC/ https://www.facebook.com/pages/SELF-AID/594614227281684

スマホ/ https://m.facebook.com/profile.php?id=594614227281684






DM-投稿裏.jpg

Facebook : 
https://www.facebook.com/satoshohei0314





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




【関連する記事】
posted by 佐藤翔平 / shohei sato at 11:08| Comment(0) | デイリーコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。