SATO.jpg

satoshohei.com START!!



最近の記事

2014年10月03日

デイリーコラム:「趣味でお店は創れる?」そんなこと考えたことありませんか?




000.jpg



「趣味でお店は創れる?」

そんなこと考えたことありませんか?




僕が高校時代から漠然と考えていた夢。

自分の好きなあらゆるものを詰め込んだ空間。

ヒト・コト・モノを通じて、 利益 という概念から離れたような感覚で、自分の部屋に人を招き入れるような感覚で、自分の興味や趣味を一つの軸として、そこから様々なものが交わり合う HUB SPOT 。

好きな服置いて、好きなインテリア置いて、好きな音楽と好きな飲み物・食べ物で空間を彩り、好きな香りや好きな空間を五感で共有出来るような場所。。これが僕が思い描いていた 趣味の店づくり。

今でこそ衣食住が交り合ったライフスタイルショップが増えてきているけど…当時ではなかなか浮世絵離れしたその夢に、なかなか周囲の理解がなかったっけ。笑

"利益を求めること" を否定や批判はしないし、お店はそれありきだとは思うのだけど、あまりにもビジネス的観点が強くなってくると、様々なトコロで動きにくさが出てくるものだと思う。企業の下でやるのではなく、それを自分でやるのなら、楽しみながら程良い関係性でやりたい。

今までの僕の頭、視野では、これをやるには、相応の財力や経験、それこそ年齢を重ねないと実現できないことだと思っていた。何よりネックになるのは "維持" するということ。

生活を維持する。お店を維持する。

そのためには、"利益" は避けて通れないし、自己犠牲を元に提供する空間…という感覚でやるのも、長続きできるのか疑問を感じたりしていた。

しかし、ここ36に来て、自分の理想的なカタチの一つを実現している空間を知った。ここで提供しているベースのサービスは、貸本2週間100円…それだけ。それ以外にも、持ちより企画のようなものはあるけれど、そこには"利益"はなく"最低費用"を共に負担するだけだったりする。

ただ、大人の秘密基地、大人の社交場の様な感覚で、ほど良く開放しながら、自分たちのコミュニティの場、表現の場として、とてもいい距離感でこの場所を楽しんでいる人たちを知った。少しずつ輪が広がり、ユルく人が集まってくる場所。


「空間を遊ばせる。」


言いかたが適切かは分からないけど、ここに来て、都会ではまずできないスタンス・感覚を感じる。
ここはもともと製菓屋さん。ケーキ・洋菓子・生菓子を売っていたお店だったみたいです。ただ、数年前に店を閉めるカタチになってしまった。。。

ただ、ここの店主さんはとても人間味のある方で、お店をシャッターで閉めていてしまうと、町が寂しくなるから…という理由で、閉店してしまっているそのお店を、毎朝開けていたそうです。


「様々な事が重なって実現出来ることもある。」


この町・この店は、都市と異なり、かかる"維持費"が極端に低い。先ほどの店主さんと知り合り共鳴したことで、お金をかけなくていいから何か出来ないか…という話が舞い込んできたそう。

更に、この地に集まってきた同じ感覚を持つ感度の高い若者達で、その場所を上手く活用する方法を夜な夜な語り合う時期を経過した…仲間が数名集まった。

以前話をした物価の話でも分かりやすいと思いますが、仲間たちで、毎月かかるタバコ代の一部を持ち寄るだけで、この場を維持することが出来た。

この場は、個々の好きなことやスキル、表現を持ち寄る事で日々カタチを変える。ある時は写真や珈琲、ある時は本や芸術。。ある時は音楽ライブを行い、ある時は料理人と酒や肴を味わう。ある時は語り部さんに来てもらい話し合い、またある時は一つの題材に対して映画を流し、自分たちで問題共有をしながら話し合う。。
常に流動的に、常に未完成で…でも利益とは違うベクトルで自分たちが楽しめる場がそこに存在している。

これは、個々に別の仕事をしているから実現出来ることが前提なんだと思うけど、それ以外にも、数人が集まること、都会ではなく田舎を選択していることなどが、大きな理由なんじゃないかと感じたりする。

それをお店というかは、個々の物差しがあると思うけど、僕は冒頭に話したような、" 好き で繋がる空間 " を思い描いていたので、それを20〜30代の人たちで、今まで見たことないカタチで実現していたことに、とてもカルチャーショックを受けた。

前提や定義付けありきだけど、


「趣味でお店は創れる?」

の問いに、

ここと出逢った今なら YES といえる。



視野が日々広がる経験。。
それを出来るだけ共有していきたいです。

あの香り、あの明かり。。
"初めて" が詰め込んであった暗室の空間。
あの場に入れてよかったなぁ♪

有難い限り!!





032

佐藤翔平 (旅人活動家) 現在 農家

出身地 横浜 =1986.3.14 生まれ=
アパレル、空間装飾等の仕事を経て現在はフリーで活動。 MOVERS JAPAN 発起人。元うつ病患者。2014年4月より 日本一周自転車旅を通じて、環境創りや思想・ライフスタイルを問う旅人活動家として、セルフエイド を提唱。様々なメディアに寄稿します!テント寝袋自炊ときどき発電。各地域でゲリラツイキャスも…!?

Social life director (time-limited:Traveler activist).
I am now active with freelance after work such as apparel, event company, the space decoration.MOVERS JAPAN / SELF AID representative, a promoter. A former depression patient. I propose self-aid as a traveler activist. I contribute it to various media!



#moversjapan

日本のイマを共有し、
僕らのコレカラを創る活動。

日本一周自転車旅を続ける旅人活動家の 体験を通じて 今の日本 を伝える情報発信メディア。


今後とも、
ご支援よろしくお願いします。




MOVERS JAPAN Facebook
https://m.facebook.com/moversjapan


HP
(All information 総合案内版)
⇒ http://moversjapan.com/


Twitter
(Real-time media 近況情報)
@moversjapan / tag: #moversjapan

Photo Gallery
⇒ http://moversjapan.com/category/photo/


And Other
⇒ http://moversjapan.com/link/





mj3.jpg

<MOVERS JAPAN プロジェクト代表>
日本一周自転車旅を通じて、日本の日常美を国内外に発信しています。


PC/ https://www.facebook.com/moversjapan

スマホ/ https://m.facebook.com/moversjapan



名称未設定-1.jpg

<SELF AID プロジェクト代表>
#selfaid

<10代からの> 現代病に対する予防策や知識共有を、若者発信で行う優しい社会活動。

説明
社会問題になっている現代病に関する情報を集めるHUB page。

実際に病気を経験した・している、20~30代の比較的若い男女メンバーがキュレーションをし発信するページです。


PC/ https://www.facebook.com/pages/SELF-AID/594614227281684

スマホ/ https://m.facebook.com/profile.php?id=594614227281684






DM-投稿裏.jpg

Facebook : 
https://www.facebook.com/satoshohei0314





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村




【関連する記事】
posted by 佐藤翔平 / shohei sato at 22:00| Comment(0) | デイリーコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。