SATO.jpg

satoshohei.com START!!



最近の記事

2014年09月30日

「日本にいながら、月三万円で暮らす方法。【やめるべき7つのこと】」




10592802_532986650180447_4162856011245110140_n.jpg



「日本にいながら、月三万円で暮らす方法。【やめるべき7つのこと】」




Facebookで多くのシェア・コメント・いいねを頂いた記事になるので、 (仮) の状態ではあるのですが、現段階で一度共有させて頂きます!! よろしくお願いします。


「日本にいながら、月三万円で暮らす方法。」


日本人で貧困…?

いま、若年層単身女性の貧困率の高さが社会問題になっている。若者が貧困、その上、若年層での鬱や自殺者は未だに増え続け、これからの日本の未来はどうなってしまうのだろうか。。


何かがおかしい。

これからその解決策を提示します。


僕はソーシャルライフディレクターという、自分でもよく分からない職業を名乗っています。衣食住、つけ加え、生活環境や生活習慣、思想や社会との関わりに対して、ディレクションする様な事をしていきたい。ソーシャル(社会)ライフ(生活)ディレクター(編集者・演出家)。

この記事に対しては、大真面目に社会・日本に対する提案のつもりで、今後改めてブログなどで発信していく予定です。今回は FACE BOOKで手短に。


【やめるべき7つのこと】

1、都会暮らしを辞める

2、一人暮らしを辞める

3、外食を辞める

4、浪費を辞める

5、所有を辞める

6、依存を辞める

7、便利を辞める




辞めること、手放すことは勇気・覚悟がいる。 ただ、その先に明るいビジョンがあるのならば、是非とも実践してもらいたい。未来のカタチは僕らで創る。

今日本中を旅をして、僕らのライフスタイルを日々見つめ直している。


なぜ、都市に人が集まり、
居場所がないと嘆くのか。

なぜ、倍率の高い場所・企業に偏って
進路を選ぶのか。

ここからは、
漠然としたイメージ・具体例を元に話します。


都市で生活する場合。


月収20万円から 

家賃(仮に7万円)、光熱費・水道費・電気代・ガス代 (仮に2万円)、外食含む食費 (仮に5万円)。更に住民税をはじめとする課税がある。月15万円以上の出費が、固定費として出ていく。

固定費は必ずかかってしまうお金。
だから削ることはできない。

ただ、それはその場所で、
その暮らし方をしていたら…という前提がありき。



生活水準を下げること。幸福水準を下げること。これは、「=不幸になる」ということでは決してないと思う。他人と比較してどうこう。幸福は自分の内側にのみあるものなので、外と比較したり、外に求めたりすること自体が本来おかしいことだと思う。

小さな幸せをたくさん感じられる考え方や思想、感度を上げていく暮らしを目指せば、人はもっと幸せになれます。幸福水準を下げることは幸福感度を上げること。長くなるので、この話はまた改めます。

今の生活が本当にベストか。収入と支出のバランス、プライベートと仕事のバランス、人との関わり方のバランスはどうだろう。




1896768_534801026665676_7800393462531828885_n.jpg



提案!!

給料を増やす方法を考えるより、

出費を減らす方法を考える。



地方に何人かで暮らし、半自給自足を目指しながら、自分で仕事を生み出し(または職を探し)、自然と共に自分の時間を確保し、共存共栄を図ってみてはどうだろう?

地元のおじぃおばぁから、生活の知恵、人生の経験談を聞きながら…流れる川の水の音や広い空の下、鳥の声を聞きながら…そんな生活はどうだろう?



今いる長野。

家賃は2万円台からある。

少し良い一戸建てでも、
月5万円もあれば十分。

外食をするのは、そこに外食企業が多くあるから。
外食をするのは、便利を求めるから。
外食をするのは、働く時間(寝る時間)を確保するため。

何人かで自炊すれば、
どれだけ食費が削れるだろう?

何人かで住めば、
家賃はどれだけになるだろう?

「固定費は減らせる。」


何人かで住むことで、
居場所や役割は必然と生まれる。

何人かで住むことで、
会話やコミュニケーションが日々に必ず生まれる。


「海外に移住すれば、月十万円で暮らせる!!」

そんな提案やうたい文句もあるけど、
それは日本でも同じように言えることです。



スーパーも都市と物価が違います。
直売所やお裾わけもあります。笑


僕らは日本を知らなすぎた。

いま、僕ら20代が求める生活は地方にある。

旅をしていて日々感じます。




それに気付いた人は、地方に行き、または地方に帰り、若者同士で面白いプロジェクトをバンバンはじめています。面白いお店や 好きなこと をどんどん叶えています!!

この投稿は、具体的な数字やデータに基づいたものではありません。あくまで今の旅の中で自分が見たもの聞いたもの感じたものを、提案という形にしているだけです。一方的な解釈もあります。

ただ、これも日本の一つの側面なんだという事に、旅をすることで気付きました。都市の常識が日本の常識で、都市の生活が日本の生活で…。そんながんじがらめになっていた固定概念が、今少しずつ自分の中で崩壊しています。

今後改めて、
実データに基づいた提案をしていきたいと思います!!

今回は構想的な提案まで。

写真は、諏訪大社上社本宮。
煙と光と緑が幻想的なトコロでした。


シェア・コメント歓迎。




032

佐藤翔平 (旅人活動家) 現在 農家

出身地 横浜 =1986.3.14 生まれ=
アパレル、空間装飾等の仕事を経て現在はフリーで活動。 MOVERS JAPAN 発起人。元うつ病患者。2014年4月より 日本一周自転車旅を通じて、環境創りや思想・ライフスタイルを問う旅人活動家として、セルフエイド を提唱。様々なメディアに寄稿します!テント寝袋自炊ときどき発電。各地域でゲリラツイキャスも…!?

Social life director (time-limited:Traveler activist).
I am now active with freelance after work such as apparel, event company, the space decoration.MOVERS JAPAN / SELF AID representative, a promoter. A former depression patient. I propose self-aid as a traveler activist. I contribute it to various media!



#moversjapan

日本のイマを共有し、
僕らのコレカラを創る活動。

日本一周自転車旅を続ける旅人活動家の 体験を通じて 今の日本 を伝える情報発信メディア。

今後とも、
ご支援よろしくお願いします。




MOVERS JAPAN Facebook
https://m.facebook.com/moversjapan


HP
(All information 総合案内版)
⇒ http://moversjapan.com/


Twitter
(Real-time media 近況情報)
@moversjapan / tag: #moversjapan

Photo Gallery
⇒ http://moversjapan.com/category/photo/


And Other
⇒ http://moversjapan.com/link/





mj3.jpg

<MOVERS JAPAN プロジェクト代表>
日本一周自転車旅を通じて、日本の日常美を国内外に発信しています。


PC/ https://www.facebook.com/moversjapan

スマホ/ https://m.facebook.com/moversjapan



名称未設定-1.jpg

<SELF AID プロジェクト代表>
#selfaid

<10代からの> 現代病に対する予防策や知識共有を、若者発信で行う優しい社会活動。

説明
社会問題になっている現代病に関する情報を集めるHUB page。

実際に病気を経験した・している、20~30代の比較的若い男女メンバーがキュレーションをし発信するページです。


PC/ https://www.facebook.com/pages/SELF-AID/594614227281684

スマホ/ https://m.facebook.com/profile.php?id=594614227281684






DM-投稿裏.jpg

Facebook : 
https://www.facebook.com/satoshohei0314





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
【関連する記事】
posted by 佐藤翔平 / shohei sato at 11:22| Comment(0) | デイリーコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。