SATO.jpg

satoshohei.com START!!



最近の記事

2014年07月16日

Day36:Isawa onsen 「山梨、ユルなし。」



000.jpg



「山梨、ユルなし。」



-9:48


山梨には、二つの顔がある。

そびえ立つ山々に囲まれている
力強くアクティブな面。

【山脈】

そして、

ヒトや観光客がまばらで
広大な土地(駐車場)がユルく出迎える面。

【盆地】



昨夜寝ていないこともあり、
更に晴天の平日に盆地にいることもあり、
完全にユルい空気にやられてしまってます。

信号も、大通りなのに黄色の点滅だし、
みんな駐車場の白線とか関係ないし、
スーツきたサラリーマンがせかせか歩いてないし‥

多分Tシャツのせいもあるんだろう。
バカンスに来たみたいにフニャフニャ。。

今回の旅で、
今が一番力が入らないかも。



山側を入れると、
全然変わってくるんだけど、

山梨都市部の回りたいスポットが、
みんなチャリで30分圏内位にあって、

道も平坦だから、
なんか気が抜けてしまう。笑


千葉のあのスケール感のあとの山梨だと、
とても対象的に映っているかもしれない。

安心感と居心地の良さ◎。


ワイナリーも伝統工芸館も、
近い場所にあったので、
とりあえず仮眠に入ろう。

なんなら、明日行こう。笑

そんな空気。(u_u)




000.jpg




-15:40

「山梨の民藝品 印傳 。」

印傳 印伝(いんでん) を知っていますか?



知らない人は、
是非覚えて頂きたい伝統工芸品です。


簡単に言うと、
なめした鹿の革の上に漆で模様が付けられた革製品。


詳細は以下。。



やまなし伝統工芸館へ行ってきました。

ここでは、昨日見て回った鉱物・宝石系の展示が中心だったのですが、僕が前々から気になっていた 印伝 についての展示がありました。

この二階建ての小さな施設。

今日は一日を通じて俺だけ?
というくらいな所なのですが、
その分、親切丁寧に話が聞けた。

甲府に本店があり、
青山・大阪・名古屋にも店舗がある
印傳屋 上原勇七が最も有名で、
そこからのれん分けした三軒と、
現在は四軒のみで甲州印伝の伝統を守っている。

(印傳屋 上原勇七 は、最近NYにも進出を果たした。)


山に囲まれた山梨ならではの工芸。

木々から取れる漆と鹿の皮、
そして伊勢紙を使用して作られる。

鹿の革は、他の牛や馬と比べて肌密度(?)が荒く、毛糸のような表面をしているため、軽くて湿気を貯めない革製品。

また、鹿革は、滑らかで丈夫、上質で布よりキメが細かいため、カメラや楽器を拭くためにも使われる。

昔は薬入れや巾着に使われていたそうで、古く東海道中膝栗毛の中にも 印伝 という言葉が出てくるみたいです。(印度伝来から?とされる説が有力)。

柔らかくて軽く、独特な香りがはじめのうちあるのが特徴なのですが、

もう一つの特徴、

それが漆を乗せた模様なんです。

乾燥すると硬くなる漆で模様を描くことで、表面に凹凸ができ、独特な触り心地になります。

また補強やポケットからの落下防止などの意味合いもあるそうです。


最近では、印傳の山本 という会社が、印伝に新しい風を吹かせているそうで、30歳すぎの社長を筆頭に、ロンドンで個展を開いたり、いまどきの色を取り入れたりしているみたいです。

甲府に印傳屋 上原勇七 の本店があり、その上が博物館になっているそうですが、

実際に作っているところもみたい!

と、いうことで、四軒それぞれの連絡先を頂きました。交渉次第のようですが、どこかの製作風景が見られたら最高です!



印傳は、当時の江戸の粋な柄をあしらったトラッドなものから、新しい柄も次々出ているそうです。

しかしながら、
この印傳は、印傳でしかなく、
わかる人は一目で印伝だとわかります。

それだけ、オリジナリティがあるアイテム。




ツウがもつ粋なモノとして、
僕も今後将来持つ予定のセレクトショップに並べる計画です。笑

出来れば、別注柄や完全フルオーダーの展開などもしていきたいな♩あとは、各地に眠るデッドストックを掘り起こしたり♩

日本の、更に甲州だけにしかない(今では一部浅草でもやり始めたらしい)希少性のあるモノなので、長々となりましたが、是非覚えて欲しいアイテムです!


セレクトショップでの展開はあまりないですが、百貨店や物産系のショップではたまに見かけます。

因みに、
僕が所有しているのは、
印伝屋 上原勇七 のオリジナル、
瓜唐草模様の紺色。小銭入れとキーストラップ。

製作過程や細かいことも、おばちゃんから色々きき出し、より魅力を感じた、昔ながらの手仕事 日用品の紹介でした!


ハラヘッタ。
甲府にいくよ。


印傳屋
http://www.inden-ya.co.jp/






032

佐藤翔平 (旅人活動家) 現在 農家

出身地 横浜 =1986.3.14 生まれ=
アパレル、空間装飾等の仕事を経て現在はフリーで活動。 MOVERS JAPAN 発起人。元うつ病患者。2014年4月より 日本一周自転車旅を通じて、環境創りや思想・ライフスタイルを問う旅人活動家として、セルフエイド を提唱。様々なメディアに寄稿します!テント寝袋自炊ときどき発電。各地域でゲリラツイキャスも…!?

Social life director (time-limited:Traveler activist).
I am now active with freelance after work such as apparel, event company, the space decoration.MOVERS JAPAN / SELF AID representative, a promoter. A former depression patient. I propose self-aid as a traveler activist. I contribute it to various media!




#moversjapan

僕ら MOVERSJAPAN は、
日本一周自転車旅を通じて
国内外に日本の情報を発信する
世界最大の異業種集団です!

Free share!! Free Link!!
是非サポートして下さい。

【 Instagram
限定写真 配信のお知らせ! 】

通常の発信の他に、Leicaで撮影した写真や舞台裏写真のピックアップモノの公開 開始しました!!

ID : shohecamera
Tag : #インスタ限定写真




Leicaで撮影した、より素敵な写真はMOVERS JAPANで展開しています。是非ご興味の方はよろしくお願いします!!

MOVERS JAPAN Facebook
https://m.facebook.com/moversjapan


HP
(All information 総合案内版)
⇒ http://moversjapan.com/


Twitter
(Real-time media 近況情報)
@moversjapan / tag: #moversjapan

Photo Gallery
⇒ http://moversjapan.com/category/photo/


And Other
⇒ http://moversjapan.com/link/





mj3.jpg

<MOVERS JAPAN プロジェクト代表>
日本一周自転車旅を通じて、日本の日常美を国内外に発信しています。


PC/ https://www.facebook.com/moversjapan

スマホ/ https://m.facebook.com/moversjapan



名称未設定-1.jpg

<SELF AID プロジェクト代表>
#selfaid

<10代からの> 現代病に対する予防策や知識共有を、若者発信で行う優しい社会活動。

説明
社会問題になっている現代病に関する情報を集めるHUB page。

実際に病気を経験した・している、20~30代の比較的若い男女メンバーがキュレーションをし発信するページです。


PC/ https://www.facebook.com/pages/SELF-AID/594614227281684

スマホ/ https://m.facebook.com/profile.php?id=594614227281684






DM-投稿裏.jpg

Facebook : 
https://www.facebook.com/satoshohei0314





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村




posted by 佐藤翔平 / shohei sato at 17:25| Comment(0) | 04 YAMANASHI 山梨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。