SATO.jpg

satoshohei.com START!!



最近の記事

2014年03月03日

「デイリーコラム:千利休の名前の由来を御存知ですか。僕が千利休を好きな理由。」


993532_368712396607874_634367556_n.jpg



Wikipedia.org より

千利休(せん の りきゅう、せん りきゅう、大永2年(1522年) - 天正19年2月28日(1591年4月21日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての商人、茶人。

わび茶(草庵の茶)の完成者として知られ、茶聖とも称せられる。また、今井宗久・津田宗及と共に茶湯の天下三宗匠と称せられた。



歴史については、あまり勉強を積んでない僕ですので詳しくありませんが、この千利休先生は、茶の湯文化を変えた偉人サンです。日本の「わび」「サビ」文化もここからといわれております。


1004974_397780227034424_1124822905_n.jpg



こんなエピソードが有名です…

≪利休の幼い頃の話。路地の掃除を命じられて、チリ一つないまでに掃き清めて眺めるも、どうもいまひとつ納得いかない。そこで傍にあった木を揺さぶり、あえて木の葉を落とした。その落ちるさまはまことに風情があった。その一部始終を見ていた茶の師匠は、彼の奇才に感じて入門を許可した。≫


ブログでは、あまりに伝えきれないので簡略しますが、お茶という行為一つをするにも、一番心地よく行える方法を徹底的に調べ上げ、作り上げた。その中でも粋な仕掛けがあったり、細部に意図やこだわりがあったり…と、今でも多くの流派にわたり称賛され続けています。


部屋を造り・庭を造り・仕掛けを造り・作法を作り・茶器を造り、茶器以外の道具も自分自身の意図を取り入れさせ…お茶の空間とその前後において、五感で感じるもの全ての物に千利休本人が携わったといわれている。

今まであった常識を自分の中で新しいものに作り変え、関わるもの全てのものにおいて、その感性で徹底的にこだわりと意匠を持たせた。その洗練された一つ一つが高く評価され、流行になり文化になった。



僕はその精神を尊敬し、それに感銘するわけでございます。

ここまで徹底して作り上げるモノだもの、自分の勧められるモノに違いない。それを大切にするに違いない。そして、そんなモノに囲まれながら、それを生業にして生活しているなんて…。これも自分で作りました。あれもそれもです。この部屋も。この庭も。この食べ物も。この方法も自分で考えました。作るもの作るモノが流行になり文化になるなんて…。

認められるにはそれだけの努力が必要。それだけの実力が必要。人知れず努力を重ねてきた結果なんだろうな…。その上でのそれは、素敵すぎ。かっこ良すぎやしませんか。まさに現代のマルチクリエイター・マルチディレクターです。




546027_368712333274547_1609040150_n.jpg



そんな大尊敬する千利休ですが…
名前の由来をウィキで調べてみるとこんな感じでした。


号の由来は「名利、既に休す」の意味とする場合が多いが、現在では「利心、休せよ」(才能におぼれずに「老古錐(使い古して先の丸くなった錐)」の境地を目指せ)と考えられている。なお『茶経』の作者とされる陸羽(りくう)にちなんだものだという説も一部にあるようである。いずれにせよ「利休」の名は晩年での名乗りであり、茶人としての人生のほとんどは「宗易」として送っている。



僕の読んだ仏学の本では、こんな一節で千利休の名の由来を説明していました。

「名利共に(頓に)休す」

要するに権力や名誉、正統派などに対する無関心がお茶や禅の底流には流れており、それだからこそ「知足 による安心感が得やすい。」(「老子」33章の「足るを知る者は富む」から》みずから の分(ぶん)をわきまえて、それ以上のものを求めないこと。分相応のところで満足する こと)

そしてそれが「風流」を好む「数寄者」を生む背景でもあるのだろう…。



以前、自らのブログで
「肩書きがある社会から、実態のある社会へ。」


「肩書きがある社会から、実態のある社会へ。2」

という記事を投稿した通り、権力や名誉にこだわるよりも、 自分のやるべきこと や 今出来ること に集中して生きたいと思っている自分とシンクロするところがあり、更に今回千利休先生を好きになりました!!



常識や組織にとらわれず、常に破壊や創造を繰り返しながら、感度高い生活を送り、温故知新を通じながらも新しい文化創造をしていきたい…



利休先生見習って、日々勉強。日々精進。日々努力。日々成長。

最後までみて頂いてありがとうございます!!






シェア
コメント
いいね!

意見や感想があれば下さい!!






mj3.jpg

PC/ https://www.facebook.com/moversjapan

スマホ/ https://m.facebook.com/moversjapan




DM-投稿裏.jpg

Facebook : 
https://www.facebook.com/satoshohei0314






にほんブログ村



【関連する記事】
posted by 佐藤翔平 / shohei sato at 13:49| Comment(0) | デイリーコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。