L1208478.JPG

"For SALE" Stocks「売りに出します。」




最近の記事

2014年02月02日

「デイリーコラム:24h食事を抜いて起こった変化。」


L1070060.JPG




経験をするために生まれ、

経験を通じて出逢い関わり、

経験を終えてこの世を去る。



自身のライフスタイルを時代に反映させた、かの有名な佐藤翔平氏が2014.2.2に眠気まなこに書いたとされる、21世紀初旬の言葉である。

バーチャル全盛の時代にあって、疑似体験できる様々なツールにより、この場所にいても「○○した気持ち」・「理解した感覚」になるのは、以前に比べ容易くなったのではないでしょうか。







「効率よく時間短縮しながら生産性を上げる…」こんな生き方・思想は、資本主義・消費社会がもたらした、ロボット的な生活を送る悲しい一面がある。機械に求めるものや企業のマネジメントに求めるものを、自分自身や生命に当てはめてしまっては、 "生きる本質" にモザイクのかかる恐れも多いのでは…と危惧します。

とはいえ、限りある "命の期間" を全うするため、我々は日々取捨選択を繰り返す。。自分のものさしで、自分の使命に基づいて、経験を選ぶことは、人生の醍醐味だと思います。

僕は自身で取捨選択し経験したことを、出来るだけ多く共有し、人々に選択肢を増やすお手伝いがしたいと思っています。好奇心旺盛で既存の概念を打ち壊したい欲求が強く、適応力や発想力への自負もある僕だから選ぶ経験。


CIMG0968 (2).JPG
「デイリーコラム: ひと月、体を洗わなかったらこうなりました。」


第一回目に投稿したデイリーコラムの意図もまさにこれで、「自分で経験し感じた事を、リアルに届けたい。」「リアルに届けた上で、取捨選択してほしい。」という想いが詰まっている活動の一端です。

信念や選択は個々に自由にあってしかるべきで、法律やルール規則といった意味ではなく、宗教や集団化といった意味でガバナンスする必要のないものだと思っている。個々の生きがいや幸福を最大限に尊重することこそ、 経験の選択→人生 ではないでしょうか。




1479190_363122370500210_1364324419_n.jpg



「24h食事を抜いてみた」

ここから本題に…としたいところですが、今回コラムとして掲載したかった大半は以上のこと。笑 昨日から多忙な時間と疲労生活を送っていたので御飯が食べれていませんでした。

体の変化はありません。排便も通常通りにありました。頭が少しだけすっきりしていて、ボーっとするのとは少し違うのですが、浮遊感?? のような独特な心地よさがあります。

ただ意識のホメオスタシスが働き、食べないことに対する脅迫概念のような気持ちが生まれます。食べなくて大丈夫か?体に変化はないか?悪化している所は?と瞬時に勘ぐってしまうような感覚です。

エネルギー消費や体質にもよってだと思いますが、40日間は水だけで生きられる…とされる説が一般的です。本来、何もビクビクする必要はないのに、日常と異なる動きを加えるだけで、思考が大きく揺らぐ…。今回の一番の気付きはここにありました。


断食の風習が現代の日本にはないので、感覚や価値観の共有は少し難しいですが、感覚の覚醒や体のリズムを整えるために文化となっている国もあるくらいなので、体調が万全の際には、是非数日断食する事もチャレンジしてみたいと思いました。 


手放し得られる事は思いのほかいつも大きいです。






その他写真はGoogle+に凝縮してます〜♪
Shohei Sato :
https://plus.google.com/u/0/photos/102625223664959577126/albums#photos/102625223664959577126/albums



DM-投稿裏.jpg

Facebook : 
https://www.facebook.com/satoshohei0314






にほんブログ村



【関連する記事】
posted by 佐藤翔平 / shohei sato at 11:35| Comment(0) | デイリーコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: