SATO.jpg

satoshohei.com START!!



最近の記事

2013年12月18日

落語から学ぶ 縁起 の意味について。。


1017029_367130700099377_1535743194_n.jpg



「縁起。」

昨日手にした気になった本。早速NHKで第一話の放送に偶然出会うことに。 仏馬 という演目。(内容は改めて)

噺家さんが演目を終えたあと、インタビューアーである宗教研究家兼和尚である釈さんの話が心に止まった。

縁起、縁起がいいとかと現代でも使われている仏教用語。あれは、良い悪いの識別をするための言葉では本来なく。。

偶然の連鎖やシンクロニシティによる一期一会を大切に思うための言葉。


例えば、僕が今日の放送を偶然見た。

偶然Twitterで知り合った方にもらった連絡で、偶然馬車道で会うことになり、偶然帰り道通った本屋で、偶然見つけた一冊の本。

偶然つけたテレビに、偶然回したNHK。そこで、偶然見つけた一冊の本の内容が放送されていた。この全てが偶然重なって、今の心動に繋がっている。


全ての偶然は縁で繋がっていて、同じ体験をするためには、全ての要素が同じ条件で重ならなければ実現しない、まさに奇跡体験。。

人や物事との出会いも、この連続で成り立っていて、良い悪いで識別をするんじゃなくて、全てを受け入れ大切に思うことが大事なんじゃないかな。(^_^)

改めてそう思いました!!

落語やそこから生まれる教訓は思いの外、大きいですよ。


【送料無料】落語でブッダ [ 日本放送協会 ]

【送料無料】落語でブッダ [ 日本放送協会 ]
価格:1,050円(税込、送料込)






その他写真はGoogle+に凝縮してます〜♪
Shohei Sato :
https://plus.google.com/u/0/photos/102625223664959577126/albums#photos/102625223664959577126/albums



DM-投稿裏.jpg

Facebook : 
https://www.facebook.com/satoshohei0314




【関連する記事】
posted by 佐藤翔平 / shohei sato at 16:44| Comment(0) | シェア・キュレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。